長期投資で自分年金づくり

Amazon先生の進撃を受けて・・・(6/19)

ご存知の方も多いかと思いますが、
先日16日にAmazonがホールフーズ・マーケットを買収するというニュースが流れ…

ウォルマート(WMT)を始めとする小売が軒並み売り叩かれる。
しかもなぜかゼネラルミルズ(GIS)といった食品株も下げ幅は小売ほどでもなく売り叩かれ…

個人的なところでは、持ち株であるナイキ(NKE)も3%を超える下げ。
NIKEのinvestor relationsを見る限りは特段何もなさそう。
やはりAmazonエフェクト…か。

小ネタを一つ入れると、ライバルであるアディダスが今年からスニーカー消費地であるドイツに
オールロボットが作ることになるスニーカー工場を移転させてくるというのがある。
ナイキも追従するみたいですけど、この自動化といいますか人が介在しない流れは加速しそうですよね。

と脱線。

久しぶりに悪寒がする買収でござんした。
ああ、平和ボケ。小売の海を眺め「オソロシス…Amazon…」と思ったわけです。

現在の保有銘柄の市場にも割って入ってこないか…一通り眺めたもののそうでもないか。
買収するには大き過ぎる企業が多いこともあるかもしれんが。

ただこういった買収で市場は過度に振れると思う。
実態よりも+αの振れ幅を伴うものだ。なぜなら正確な未来は予測できないのだから。

そこに投資妙味があるわけですが、おそらく今後のボラも高いでしょうね。
まさにジェットコースターに乗ってる心境が続くかと思われ、そこに耐えれるのであれば、
ビッグチャンスもありそうな気も…しなくもない。
個人的には様子見。

しかしツイッターなどを見ていると、
すんごい分析記事をブログにアップしている人を散見します。
SUGEEEEEEっ!

かみさま「もかをきゅん、ちみはよくそのれゔぇるで生き残ってるね?」

もかを「かみさま!ひどいじゃねっすか!ひっしで生きてんす!」

かみさま「そのれゔぇるで?」

もかを「そう、そのれゔぇるで」

かみさま・もかを「…あなたにはその価値があるから」

… テ ィ モ テ …(でしたっけ?)

終。


茶番はこのぐらいにして、この悪寒出来事で本を読む集中力がアップし。
恐怖感は必要だ。市場から「次はお前だ」と言われた気がしたから。
あ、でも本当の恐怖はいらねっす!かみさま!

<追伸>


今年は本の再読が多いですが、
欧州の覇権国を描いたこの本は短時間でエッセンスが掴めていいですよ。
おすすめ(読書感想文書いたっけか?)


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

端数株処分代金を受け取りに(6/17)

保有している株が株式交換および吸収分割を併用した経営統合を行った関係で、
吸収した企業の株式を割り当てられることに。
このとき1株未満の端数については処分される形で、この端数株処分代金を受け取りに行きました。

自分の経験では、ごくたまにある現象。
ただこれの困ることは「ゆうちょ銀行」での受け取りなんですよね…
(正確に言うと、ゆうちょ銀行全国本支店および出張所ならびに郵便局)

何が困るって「平日」の処理なんですよね…
独身・一人暮らしでは、自分が行かざるを得ない…
コレを職場の誰かにお願いしたら”コト”だ…

ということで、別件で休みを取らないと行けない日に行ってきた。
額は…すぐそばのスーパーでトマトに消えたでヤンスー。
(しかし良いトマトであった)

な〜む〜。

<追伸>


コレを読んでるんですが勇気もらいますよ!


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

優待消化デイ(6/14)

先日、溜まった優待を消化するべく街へと向かいまして。

一番の狙いは「ポプテピピック」の新刊を入手することでしたが、
こちらは難なくゲットできて一安心。
(この記事っす:ポプテピピックの新刊が出てるんやで(6/9)



使用した優待はヴィレヴァン(2769)のです。
2,000円(税込)の買い物で1,000円引きとなる割引券という代物。
以前は割引券ではなく、そのまま1,000円分の商品券として
使用できたので”改悪”と言われるものでしょうか。
ただ”税込”での使用可ですし、”税抜”よりかはマシだなあと、のほほんと。

また支払いを工夫すればリアルマネーを使用せずともなんとかなる。
店舗次第ですが、別の商品券だったり、電子マネーだったり…
その辺は抜かりなく行う輩でございますけれど。

Cash is Kingですから、気をつけたくそーろー。

で、続いてマック(2702)の優待を使用し「グランドビッグマック」を食す。

…これって単品で764kcalということで超ハード…

半分食べてもう十分と思いながら、モッタイナイ…と喉に押し込む…
食べたら1日お腹空かない感じですたわ。
もはやマックがターゲットとする層から逸脱しているわけですね。

という優待消化デイでした。
まだ6月期限の優待が残るため、なんとか使わないと!

な〜む〜。

<追伸>

ポプテも良かったんですけど「リスボックリ」の方が好きですた。
醒めたリスが活躍する4コマ。


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

共に株価1,000ドルを超えて(いた)AMZNとGOOGL株の指標面での比較(6/11)

昨今の相場で株価1,000ドルを超えて(いた)AMZNとGOOGLについてです。

パッと見で1,000ドルとなると「高い…」と心理的には思ってしまいます。
しかし指標面で見たらどうでしょう?今回は利益ベースで見てみます。

★AMZN

  実績EPS:4.90ドル
  (2016 Annual Report P.17より)

  予想EPS:6.67ドル
  (Yahoo Financeより)

★GOOGL(Class A)

  実績EPS:28.32ドル
  (Alphabet Inc.2016 Annual Report P.41より)

  予想EPS:33.95ドル
  (Yahoo Financeより)


続いてそれぞれの株価と、それに基づくPERを計算してみましょう。
(株価は2017年6月9日終値を使用)

★AMZN

  株価:978.31ドル → 予想PER:146.7倍

★GOOGL

  株価:970.12ドル → 予想EPS:28.6倍

どうでしょうか?
あくまで指標面だけの比較ですが、それでもこれだけPERに差があります。
高PER株というのは「利益成長をあらかじめ織り込んでいる」という解釈が可能ですが、果たして…

ただ利益ベースの話に限った話ですし、株価自体は多面的な側面があります。
どう味付けするかは各投資家それぞれ。

な〜む〜。

<追伸>



本屋をぶらりしていたら、ジャレド・ダイアモンド氏の「第三のチンパンジー」が
文庫化してました!近いうちに買わないとな…

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

ポプテピピックの新刊が出てるんやで(6/9)

知ってる人は知ってる「ポプテピピック」

この新刊が6月7日に発売開始となってます。
(タイトルは「2」ではなくて「SECOND SEASON」となってますけど)



(中指立てるスタイルは変わらんのね・・・)

このマンガはWebでも読めるわけですが、
信者としては紙媒体として手元に置いておきたい・・・

さらには秋からアニメもやる!録画必須な所存でございます。


(頭に積もってる雪を見てよこれ・・・)

個人的には、投資にも活きてるんですよ。

・・・既成概念とは何か・・・と。

信者ならもう持ってるのかと言うと・・・まだ。それは優待でもらうから・・・
6月末までの優待がまだちまちまあるため、優待処理行脚の一環で入手予定。

な〜む〜。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示