海外ETF - 長期投資で自分年金づくり

だいぶ反応鈍いけど…ウィズダムツリーのETFって買える銘柄増えてたのね (7/8)

しかもジャパン関連のもの多数・・・そうきましたか。
SBI証券の発表だと、合計10銘柄中実に7銘柄がジャパン関連。
(DFJ,DXJC,DXJF,DXJH,DXJT,DXJR,JGBBの7銘柄)

個人的には、日本のものは国内ETFでいいかなと思います。
今も買ってるTopix系のETFとか(1306とか1348とか)。

その他の3銘柄を見て見ると、DEW,DFE,GULFという銘柄。
この中でDEWをピックアップしてみる。

DEW(WisdomTree Global Equity Income Fund)は実態は高配当銘柄群を保有してる感じ。
エクイティインカムと言われるとピント来ないので検索すると、
ミューチュアルファンドだと・・・なおのこと日本人にはイメージできんのでは。

経費率は0.58%とやや高めかね。
でも国内の日本株高配当70ETF(1577)が税込み0.3456%だからそんなもんだろうか。

そして分配額。四半期ごとの分配になっているようで、年4回ほど分配がある。
昨年2013年度の実績でいえば、1.74763ドル/株の分配金になっており、
これを株価49.90ドル(7月3日終値ベース)で鑑みると、3.5%の利回り(税引き前)。
ぼちぼちかね。

しかし国の分散もすごくて、合計38カ国に別れているようだ。
米国と英国で30%強占めてるけど。

個人的には、オモシロいはオモシロいけど余剰資金がないのでスルーか。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

シーゲル信者ファンド その後(2014年4月度) (4/27)

少し早いですが、2014年4月末時点でのシーゲル信者ファンド時価比です。



2月時点と比較すると驚愕の事実ではある。
(2月時点はこちらの記事)

そう、2月時点では、含み益を実現していたのは”アルトリアグループ(MO)のみだった”のだ。
それがどうだ、4月時点では一応全てプラスに。
(フィリップモリス(PM)は+0.01%なんですw)

ただこれが長く続くとは思っておらず、含み益は実現した利益ではないのが注意点。
たばこセクターについては、先日24日にFDAが電子タバコについて発表した事実があり、
一時的に株価が上げている可能性もあるかなと。
(これは明日28日のブログに書きます)

増配銘柄で構成されるシーゲル信者ファンド。
いつまで増配してもらえるのか?気長に買い持ち&買い増ししていきたいと思います。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

モカヲファンド+シーゲル信者ファンド 2014年1期目 (4/11)

オールアメリカ株式で構成されるそれぞれのファンド。
その2014年の1〜3月までを振り返り。
個別にアサハカな感想を書いてきます。
それでは始まり〜。



<モカヲファンド>

予想外に順調。
構成しているPFF,HYG,EMBはそれぞれ毎月分配型のETFなので、
キャピタルゲインはさほど期待できない。

個々に見ていくと、

PFFは金融株の側面が強いけど、なぜだか最近は株価が戻している。
元々アメリカの金融業は”ドル”の決済の面で優位性があると楽観的に見ているため、基本放置。

HYGは株価上げる。債券だけどジャンク債なので、ほぼ株価と連動。
ということは、もしダウが高値を更新していくなら上がる?
利回り面で株より劣るようなら下落もするでしょうけど、下落するならするで拾うつもり。
ジャンク債は個別で持つとリスク高すぎるため、保有するならこういったETFに限りますね。

EMBはほぼノーマーク。コメントなし。

<シーゲル信者ファンド>

戻しておる。足を引っ張るのは発足時からフィリップモリス(PM)と状況は変わらないけど。
ただ一時の莫大な含み損から見れば、まだ胸をなで下ろせる株価ではある。
気にしすぎない、株価が戻すまではw

個別に見ていくと、

アルトリアグループ(MO)は順調。メイン配当株という位置づけ。
予想PERが13倍程度なので、指標的にはやや割安か。
でもタバコ銘柄が過熱することないしなぁ。

ロリラード(LO)はボラティリティ高し。
一日で3%下落したと思ったら、2%戻すとか。
レイノルズアメリカン(RAI)の買収調査はどうなんですかねぇ。

フィリップモリス(PM)は多少戻しとる。
特になし。15年後ぐらいを意識しているので、直近の株価は放置。
また70ドル台に落ちるなら拾う準備する感じ。

シェブロン(CVX)はこんなもんかね。
新興国が活況してくるなら、また上がってくるでしょと楽観。

春先から夏場に向けて移行するわけですけど、どうなんですかねぇ。
取り立てて動くつもりはありませんけど、下落するようなら準備する感じ。
本命は年末の売りを拾うことかな。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

モカヲファンド+シーゲル信者ファンド 時価評価額比率 (3/25)

時価評価額比率(円ベース)です。
(2014年3月21日終値ベース)
(JTに関しては3月20日終値使用、またドル円は102.32円で計算)



モカヲファンド(構成:PFF,HYG,EMB)
シーゲル信者ファンド(構成:MO,LO,PM,CVX,JT)の合算です。

シーゲル信者ファンドでは”タバコファンド”という見方をしてCVXは省いていましたが、
よくよく読んでみれば、第17章 未来に向けた戦略(P.277)にセクター戦略と称して”石油”という項目もあることから、含めて良いと考えました。

こうやって眺めて見ると、
1)フィリップモリス(PM)への投資のデカさ
2)その他銘柄のほぼ等価という驚き

があります。

(1)はサテライト投資のメイン母艦という位置づけなので構いません。
しかし相変わらずふるいませんねぇ。新興国不安が払拭されなければ上がることもないでしょうか?

(2)は比較してみて気付きました。そんなものかと。

シーゲル信者ファンドとしては、ロリラード(LO)がプラ転しました。
くだんのレイノルズアメリカン(RAI)の買収観測で株価が上げてからぼちぼち維持してますね。

シェブロン(CVX)もなんとなく株価が上がってきましたね。
財務的にはまだまだふるわない感じですが、上がる分には文句はありませんw

長い旅路ですが、末永く付き合っていくつもりです。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

シーゲル信者ファンド その後(2014年2月度) (3/10)

2月度のリターンを見てみると・・・



全体では-1.70%でした(円価換算)。
2月初旬では-2.60%だったので改善。
為替が102.08円→101.64円となっているので、
為替ファクターを吸収してなお・・・ということか。

ちなみにモカヲファンド(HYG,EMB,PFF)はこの期+3.91%
うーん。

話しを戻すと相変わらずのふるわずぶりで。
アルトリアグループ(MO)の孤軍奮闘ぶりが伺える。
ちなみにロリラード(LO)もフィリップモリス(PM)も
これでもマイナス幅をすごく縮めているんですよ・・・

JTはとりあえずこのままで。
買い増しするとしても、年内はあるかな?

個人的にはアルトリアグループの奮闘だけがうれし。



follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示