日記 (プライベート編) - 長期投資で自分年金づくり
FC2ブログ

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観て(1/17)

一時期、ツイッターで話題だったこの映画。それをようやく視聴。


この映画で何が言いたいのかはわからないけれど、
一つ活かせそうなこととして「積極的な死」がある。

悪役の親玉、イモータル・ジョーを信仰するウォーボーイズという面々が出てくるのだが、
彼らがジョーのために捧げる戦死がすごい。
死後ヴァルハラへ行くという意識のもと、明らかに危険な戦闘を嬉々として迎え撃つ。
すごい。”いのちだいじに”とか全無視ですわ。

この部分でいいなと思ったことは、
「危険だから辞めよう」というマインドではなく、
その先にある死をむしろ迎えよう!という果敢な意識である。

自分には圧倒的に欠如している感覚。
もっとリスクを負って戦え!と言われている気がした。

そんな気分になれる映画。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.3(11/12)

サンライズ瀬戸編最終回。

(これまで)
サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.1(11/10)
サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.2(11/11)

さて、もったいない精神で眠いのに寝ないで外を眺めていた結果…
なんとも言えない気分に…そう、酔い。


瀬戸大橋を臨んでいる時は、すでに結構キテたw
こみ上げる吐き気…でも降車するため横にもなれない…つらいw

ラッキーだったのはトイレと近かったことか。
吐いて楽になる…を繰り返して、なんとか高松駅降車!




高松駅ホームで、人生初の嘔吐物を飲み込むという事案が発生。
うん、人間なんでも出来るもんだ。

今でこそネタで書けてますが、当時はひどかったなあ。
友人に荷物を持ってもらったり、当初予定していた行動にも影響したりと…
ただ独りじゃないありがたみをすごく感じてた。

といったところで。
この高松駅到着は朝の7時27分です(自分の時は多少遅れてた)。
ちょうど通勤ラッシュですかね、サラリーマンに学生がいっぱい。

ただ旅行という面では、朝から早速行動できるので時間のマージンは大きいです。
それに、なんか朝の駅は清々しいというか。

この後、小豆島を目指して酔いで回る世界を体感しつつ、フェリー乗り場へと…

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.2(11/11)

続き。

前回は:サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.1(11/10)

さて、東京駅を出発すると、まだ帰宅ラッシュ中の駅を通過するんです。
京浜東北線とかと並走すると、サラリーマンが目につく…なんかすみません…

という、罪悪感を感じながら、徐々にただの暗闇に照明がついただけの景色に。
(上階は星空が見えたそう。景色を体感したい人は下階でない方がいいね)

ちなみに「ミニラウンジ」なるちょっとした食事等可能な車両があるんですが、
めっちゃ混んでた。おそらく仲間内で乗ってると思われる方々が宴会してた。
(ミニラウンジは物販がないので持参する形っす)

割と近い寝台はうるさいかもしれないから、予約時注意ね。
声の騒音もありますが、廊下を歩かれると割と気になるよ。
(ミニラウンジから遠い寝台希望、とか言った方がいいかもね)


で、乗ってる時の感想。

めっちゃ旅情あるっ!!

人生楽しめて良かったなあなんて思っていたわけです。

ただこれが暗転する…

外の景色を見ていると、なんか寝るのがもったいない気分になるんですわ。
(ケチケチ精神が…)
するとなんとか起きていようとし、寝不足傾向が…
そして最大の難点が車両が「揺れる」んですよ、ええ。

そしてとうとう修羅場到来へと…

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

サンライズ瀬戸に乗ってみて vol.1(11/10)


先日のことですが、サンライズ瀬戸に乗ってみまして。
そもそも「サンライズ瀬戸」とは、東京〜高松間を運行している列車になります。
(「サンライズ出雲」は東京〜出雲間を運行している)

みんなの憧れ、寝台特急っすわ。うん、自分も一度は乗ってみたいなと。

で、サンライズ瀬戸は1日1本の運行になってまして、
東京駅を22時00分出発の、翌日7時27分に高松駅着というもの。

なので金曜夜乗車であれば、土日の休みのみで旅行行けちゃう!みたいな。
…ただ金曜夜の予約は厳しいこともあって、自分は金曜に有給を取得し、木曜夜の出発に。

しかし木曜の仕事はドックドクでしたわ…
なんとしても「この時間までに仕事を切り上げねばならぬ!」という緊張感…
旅行の楽しみというより、この恐怖感と言ったら…

ま、それは置いておいて。

話をちょっと戻しますと、この「サンライズ瀬戸」の予約は1ヶ月前から可能になります。
しかしまー、すごい争奪戦…ネットで予約できないこともあって「みどりの窓口」に通うんですわ。

今回は友人と「シングルツイン」という寝台を取ろう!ということで狙っていたものの、
そもそもの用意数が少ないこともあって全然空きがない…

予約開始3日目から、乗車する3日前まで「みどりの窓口」行脚を行ったのに、
一度として空きがなかった…かなしい…

で、しかたなく「シングル」でそれぞれ乗車することに。
まま、ラッキーだったのは「シングル」の上下階で取れたことか。
…と言っても部屋に入ってしまえば友達を何もないんだけども。


これが「シングル」(下階)なんですが、正直狭かった。
立って着替えがほぼ不可能だし、荷物を置くところもなく、足も伸ばして寝れない。
(上階は荷物置きがあったらしいし、室内階段で立てたとのこと)

ま、この後ひど〜いことに遭遇するんですけれど…

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

礼文島を旅して vol.1(9/23)

これまでの利尻島編はこちら:利尻島を旅して vol.3(9/22)

さて利尻島に行きましたよ、と。
で拠点の稚内に戻って来まして…

礼文島のアクセスについては、空港がありませんので空路はない。
なので稚内からのフェリーか、利尻島からのフェリーとなります。
旅行であれば稚内に宿泊 or 利尻島に宿泊…といったところが王道なんでしょうか。

稚内からのフェリーですと、利尻島と同じく1日2〜3便程度(季節によって変動)。
所要時間もだいたい同じで1時間55分程度。約2時間と。

自分らは稚内宿泊のフェリーで礼文島へ…というアクセス。
当初は別の予定だったものの、地震によりアクセス経路を断たれ、
平常運航だったフェリーに活路を見出した感じでした。
しかしそれがこんな良い体験につながるとはね。この時はまた島かよ的な雰囲気でしたが…

はっきり言って「自然」がすごかった。いやホントに。
オーストラリアの離島も見て来ましたけど、全然負けてない。
浜辺からちょっと行くと海は深青色だし、”つよい"って感じが。
こんなん見せられたら、自分の悩みなんてどっか行くね、ほんと。
人間なんて自然の前に無力だよねえと。

で、ラッキーだったのは、ちょうど地域振興券やってたこと。
5,000円が6,500円になるやつ。なので2つ買った。
これで10,000円が13,000円に…売ってる方は全然売れないって言ってたけどね。

次回、礼文島のうに。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示