配当金生活について - 長期投資で自分年金づくり

配当金生活を夢見て 〜2017年度10月末まで〜(10/28)

2017年10月度の配当・分配履歴です。
まだ10月は数日あるものの、国内株も米国株も入金の予定はない(はず)。

<円>  10月度のみ:¥0 → 年間合計:¥264,841 (2016年同期比:36.2%増)

<ドル> 10月度のみ:$411.83 → 年間合計:$5,262.77 (2016年同期比:10.1%増)


<考察:円について>

10月の受取配当・分配は例年通りなし。

取引としては、2銘柄を完全売却。

しかし上がるなあ。いつも思うのは「もっと買っておけば…」である。
そりゃ上がるのがわかっていれば誰だってそうだろうに。
この辺の思考パターンが自分のダメなところ。

<考察:ドルについて>

10月単月比較すると、昨年2016年度を下回る。
如実に売却した株の影響が出始める。
が、買い増しした銘柄分の配当でなんとか微減に。

取引はなし。ドルは外貨MMFに置いていた。
この分配金が割と大きくて、なんだかこのままでもいいんじゃまいか…とか思ってしまう。
が、利率を計算すればねえ。その辺の脳の腐敗をなんとかしたいものだ。

<まとめ>

配当・分配について言えば、国内株の増が目につくわけで(上記の通り36.2%増なので)。
基本的に受け取る年度の”前年"の影響が出るわけだ。
昨年2016年に積み増した国内株の影響があるということ。

裏を返せば、米国株の売却を割と行った本年2017年の影響は翌年2018年に跳ね返ってくる。
今年のドル建て資産の配当・分配金の着地点は$6,300ぐらいと踏んでいるが、さてどうだろう。
翌年はこれよりも下がる予想である。が、何が起こるかはわからない。

<今月の1冊>

「日本文化をよむ(副題:5つのキーワード)」(藤田正勝著)



想像を絶する良本…!
今年のベスト3に入ります。


副題にあるように、「心」「悪」「無常」「花」「風雅」の5つのキーワードを基に
話が展開している。

特に吉田兼好と鴨長明を対比させた「無常」がハンパなく良い…

え?何が良いかって?
感じることは人それぞれでしょうし、ちょっとだけ引用して閉じます。
いずれ読書感想文書きたい。
(引用は赤字です)

愚かな人は死の近いことを悲しむが、それは、人の世が常住不変であると考えて、あらゆるものが変化するということわりを知らないからだというのである。すべてのもの、したがってまた人の命もとどまることなく、すぐに移ろい行くということわりから目をそらす愚を犯すのではなく、それを直視しなければならない、そしてその上に自らの生を自覚的に築いていかなければならないという、生への覚悟とでもいうべきものが、兼好の無常観のなかに現れてきている。(P.80)

自覚的に生きろっ!日々を無為に過ごすなよっ!(自戒)


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

配当金生活を夢見て 〜2017年度9月末まで〜(9/30)

2017年度9月度の配当・分配履歴です。

<円>  9月度のみ:¥73,765 → 年間合計:¥264,841 (2016年同期比:36.2%増)

<ドル> 9月度のみ:$983.26 → 年間合計:$4,850.94 (2016年同期比:12.5%増)


<考察:円について>

月初に新規の買いを敢行。9月の中間配当もありますし。

また先月8月から異様に増えたように見えますが、単純に配当入金月がずれただけ。
昨年は8月入金だったものが、今年は9月入金になった…それだけのこと。

所詮はそーいう代物である。

<考察:ドルについて>

月間$1,000に肉薄…いや、そう思っただけなんですけど…

またどうでも良い話を繰り出せば、$4,500(年間)を超えたのは今年2017年は9月となった。
過去を振り返ると…

2016年:10月
2015年:12月
2014年:年間通して超えず($4,398.04)

年々早まるポートフォリオ。

だがしかし。

今月9月は過去最大規模(おおげさ)の売却を敢行。
これで年間受け取り配当が$1,000ぐらい減る。たぶんそれぐらい。

具体的には、2銘柄完全売却の1銘柄株数減らし。
年度末に向けた節税売りの側面もありますが、次の理由もあり。

1)買ったときの理由が崩れていた
2)おそらく単価を下げた買い戻しが可能(為替含めて)
3)割高である

相場観もありますが、ままそんな具合。


…所詮、こんなレヴェル…

蛇足で自分の心境の変化について書きたい。

最近顕著だと感じたのが、俗に言う「アマゾンエフェクト」。
アマズン先生が侵攻する(かもしれない)業態は、恐れおののかれ、株価が乱高下するという。

昔ならそんな業態を物色し買ってたかもしれない。
でも、そんなハードボラを食らったら、気になってしょうがないし…
するとQoLが低下するように思えて、果敢に取得しようとは思わなかった。

なんとなく「攻め」から「守り」に入ってるように感じた。自分が。
客観的に見て、昔より資産規模が膨らんでるから、保守的になっているのか?
もしくは、年老いて、金より時間の貴重さ、QoLの大事さがわかったのか?
あるいは、この資産額に満足して、投資熱が冷めたのか?

真実はわからない。

<まとめ>

なんとなく楽観シナリオも見えてはいる。
そのシナリオは、米国のFF金利が徐々に上がって行って、
10年債利回りが3%以上になるまでなんも起きないというもの。
そこに逝くまで「暴落が!」とか色々言われることもあるだろうけども。

これが最も楽観的で、悲観的なのも、もちろんある。

結局、未来はわからない。
今は「資産保全」を中心に考えてる。

<今月の2冊>

「カエルの楽園」(百田尚樹著)



友人から「これ読んだ方がいいよ」と言われ早数ヶ月。
しかしふと文庫新刊を眺めたらあった!

カエルの王国の話しではあれど、そのモデルがどこか、読み始めてすぐわかる。
著者がどういう結論を持ってくるかに焦点を当てて読んでいたけれど、うん、そうだよね…

「正直に語る100の講義」(森博嗣著)



この「講義シリーズ」は5冊目ですが、今作が最後らしい。
タイトル通り100個の講義が載ってる。

いろんな気づきがあって投資家は読んだ方がいいと思う。

という、ファンによる布教活動である。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

配当金生活を夢見て 〜2017年度8月末まで〜(9/2)

2017年度8月度の配当・分配履歴です。

<円>  8月度のみ:¥18,185 → 年間合計:¥191,076 (2016年同期比:▲1.7%)

<ドル> 8月度のみ:$284.15 → 年間合計:$3,867.68 (2016年同期比:+11.4%)


<考察:円について>

入金日の妙で、昨年2016年8月31日入金だったものが入金しなかった…というだけ。
なので特段心配はしていない。

売買としては、1銘柄を追加投資×2。
時間分散というほど時間は離れていないけど、ままこんなもんだ。

基本的に利益の見通しが立ちづらい時は株は買われない。
逆にそこに利益が高く出る可能性があると踏んだ場合はわたしは買います。
結果、利益が出てくるなら株価も追いついてきて、わたしハッピー!
結果、利益があぼんなら株価も追いついて下がって、わたし撃沈。
さあさあ!張った張った!…終。

<考察:ドルについて>

配当が殖えたんですが、その理由は単純に2銘柄を増やしたから。

売買はなし。ただなんとなくドル買いしたった。

<まとめ>

よくよく思えば、割と無視できない配当・分配になったなと思う。
ただ気をつけたいのは「いくらぐらい欲しい」と明確に意識してしまうことだ。
こう考えてしまうと、潜在的な意識の中で達成について考えてしまう。
すると、どうか。無理をした投資、歪んだ考えに基づいた投資を行ってしまう。
だいたいこういうときに行った投資は含み損なり、ダメな結果になった。
だから大事なのは常にこれ。「目の前の投資にベスト(もしくはベター)を尽くす」こと。
常にベスト(もしくはベター…しつこいw)を尽くした結果、これらはついてくるものだから。

なぜベストもしくはベターとしたかは、ベストだとMAXまで振りきれてないと下せない決断だから。
そんなMAXまで持っていこうと思うと、大概投資できないで終わってしまう。
するとせっかく考えたものが実物として実を結ばない。
だったら…!まだ人的価値でリカバーできると考え、失敗のテツを踏んでも良いと捉える。
それを踏まえて、あるところで買いを行うということ。それをベターと呼んだということです。

とかそんな具合。笑う人は笑ってください。

<今月の一冊>

投資に関する本を読んではおれど、特におすすめする感じでもナカタ…
なので、人生を愉しむという意味でこの本を読んだ。

「頼むから静かにしてくれ Ⅰ」(レイモンド・カーヴァー著)




本屋で見て、いずれ買おうと思ってて忘れてたところ、
ふとお邪魔したブログに記載があって思い出し買い。

たわいもない日常の短編集なのだけど、わかるなあその心情…とか。
でもじわじわくるやつ。どういった心境なのかアレコレ後で考えちゃう良さ。

しっぽりな気分になりたい人におすすめ。
(ただならぬ日常のヤツもあるけど…)

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

配当金生活を夢見て 〜2017年度7月末まで〜(8/5)

2017年度7月度の配当・分配履歴です。

<円>  7月度のみ:¥0 → 年間合計:¥172,891 (2016年同期比:+12.1%)

<ドル> 7月度のみ:$357.42 → 年間合計:$3,583.53 (2016年同期比:+9.9%)

<考察:円について>

7月の受取配当ってずっとない。そんな感じ。

またKDDI(9433)初取得…買ったもん書かないんじゃないのかよ?
と言われると確かにそうなのだけど、なんとなく買ったときにツイッターに書いてもた…ので、
ココでも書くことにした。おバカの気まぐれ投資。

<考察:ドルについて>

受取配当が増える。増配の影響オソロシス。

またMO追加投資。
BTIにも投資…保有していたRAIがBATに買収された関係で
ADRであるBTI株を割り当てられたため、追加投資と言えばそうなのかも。

逆にキャッシュ(ドル)を厚くしたかったのでDISを売り。
といっても全部ではなく6割方ぐらい。
ディズニーは代替が効かない世界的に屈指なものだと思てるから。
しばしのお別れよ。

話をMO,BTIに戻すと、自分のタバコへの投資割合は実は10%程度だった(JT含む)。
あ、意外と小さいなと。

<まとめ>

自分の相場観では「売りまったなし」という環境が有力と勝手に思っているので、
それに従うまで。もう時間はない(と思っている)。
そんなときにタバコ株ガッツリ買ってるってのもアレではあるが。

キャッシュ熱々ではあるものの、円であるというのがちょっと。

<今月の一冊>

「超一極集中社会アメリカの暴走」(小林由美著)

アメリカ個別株に手を出すのであれば、アメリカについて色々知るのは損じゃないはず。
この本は著者がシリコンバレーに住んで感じること等をデータを基に解説しています。

リーマンショックでは住宅ローンの証券化商品がいくえにもなってあぼんしたわけですが、
そのローンの今はどうなの?その他のローンとかヤバくないの?とか載ってる。

アメリカにいないもんで、その肌感覚を知れることは貴重だ。



<今月の蛇足>

どーでもいー話としては、Chromecast買いまして。
そうです、You tubeで再生するやつをテレビとかに転送できる感じの。

…ヤヴァイね。何がって、いつもPCで見てた洋楽PVがテレビで…感動…うるうる。

パンクPV流しながら筋トレすると捗ること間違い無しっ!
今のオススメはこの5曲かな。

Papa Roach 「Last Resort」
Slipknot 「Duality」
Krewella「Party Monster」
Nicky Romero 「Toulouse」
Andrew W.K. 「Party Hard」


アンドリュー兄貴の全力ぶりは筋トレ向きだわ。
このPV見ながら筋トレすると、なんか嫌なことすべてどうでも良くなる。
人生そのものがパーティーなんだわ!

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

配当金生活を夢見て 上半期3年分比較(7/2)

ここ3年分(2015年〜2017年)の受取配当・分配履歴をグラフにしてみまして。

まずは国内株。

20170701_1.png

(クリックで拡大します)

上半期合計額としては次の通りです。

2015年:¥144,713
2016年:¥154,178
2017年:¥172,891


続いて米国株。



(クリックで拡大します)

上半期合計額としては次の通りです。

2015年:$2,337.45
2016年:$2,943.78
2017年:$3,226.11


<まとめ>

とりあえず殖えてる感あるなと。

<とりあえず追加で今月の1冊(再読編)>

「賭けの考え方」(イアン・テイラー)

以前、読書感想文書いた気がするけども…って探したらナカタ。

一時期TLでも話題になった気がするけど、そのあとめっきりな感じ。
でもでも投資するにあたって必要な思考が詰まってる。
ポーカーネタですが、ポーカーの仕組みわかんなくても大体大丈夫っすわ。

例えば何がわかるかと言うと…

勘違いすると死ぬるのがわかる。目的は何か?勘違いするな。
勘違いした目的を掲げた場合、無意識なところでそこに向かう。
それが何を引き起こすか?当然、誤った道を通ることになる。それが何につながるか?言わずもがな。

あとはポーカーという対人戦で見えるところ。
普段投資する人は買う銘柄なりの値動きを見ているのかもですが、
その際"向こう側"の人間(あるいはAI)のことを意識しているだろうか?そこを改めて意識できる。

とかとか。

マジでヤヴァイ本なのでオヌヌメしたくないけどオヌヌメします。終。



follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示