読書感想文 - 長期投資で自分年金づくり

「フランクリン自伝」を読んで(5/5)

「フランクリン自伝」(松本慎一・西川正身訳)を読んでの感想です。

ずっと「読もう読もう」と思ってようやく。

ご存知、アメリカ建国に大いに貢献したベンジャミン・フランクリンの自伝和訳版です。
少年時代から始まって、アメリカと英国であれやこれやまで(アバウト)。

さて感想。

シンプルに、フランクリンが身を起こし、
それからアメリカという国のために活動してきた様が語られているわけです。

特段、なにかスペシャリティがあったというよりも、
勤勉、禁欲、人としてあるように行ったことから自然と成り立ったようにも感じます。
それを感じさせるのが「十三徳」という戒律にも似たルールです。

ちょっと引用すると次の通りです。(引用は赤字です)

第一 節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。
第二 沈黙 自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。
…(P.157-158)


興味のある方は検索してみてください。いぱーい出てきます。

当たり前のことを、当たり前に行う。いかに難しいかは普段の生活でも感じますよね。
ある意味、長い目で見た成功体験記になるわけですが、そうは言っても波乱万丈です。
人間関係、政治、あらゆるところで苦難を乗り越えてきたこともわかります。

そういった意味で言えば、社会人なりたて、みたいな方にオススメなんでしょう。
処世術が学べると言いますか…わたしのようなおっさんが読んでも感銘を受けますけども。

またこの岩波文庫版には”富に至る道”という”付録"があるのですが、
これがまた”お金に関する部分の"エッセンスが凝縮しています。(P.317-339)


ただ財布のヒモがキツくなると思いますので、お出かけの際は読まない方がいいですよw

といった感じで。激奨できる本でした。

最近、部屋が本に占拠されてきているので整理したいのですが、
この本は「持ってく本」の上位に位置します。おすすめ!



follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

ゴールデンウィークにオススメしたい本(4/30)

いえ、いつでもオススメしたい本なんですけども。

「第三のチンパンジー」(ジャレド・ダイアモンド著)がとてもいい。
どういいかと言えば、シンプルに人類の歴史がよくわかる。
自分が生きている間なんてせいぜい80年ぽっちなわけですが、
これまで人類が進化していく過程でどういった変遷を経たのか…そして優位なことは…

投資においても、変わるもの、変わらないもの、それらを考える上でも
重要な知見となっています(私の場合)。

個人的には「銃・病原菌・鉄」の方が好きですが、
本のボリュームや要する時間を考えると、コスパ的にはこちらの方がいいかなと。
短時間で70点を取りにいく感じです。

ずっと語られていく本だろうなあと勝手に神格化していますw

なんども書いてしまいますが、古典がなぜ代々残ってきているのか?
それは、そこに真理が隠されているから、という解釈です。

そういった意味で、古典を時間を掛けて読むことで、人生をよりよく生きるヒントになる、
という思想です。

脱線すれば、「千の顔をもつ英雄」(ジョーゼフ・キャンベル)もオススメ。
ややスピリチュアルな感じですが、あらゆる神話を解説しており興味深い。
アフリカ人、アメリカ人、黄色人種…色々あってもですね、みな根本思想は同じなんだ、
という投資における着眼点になってます。

…改めて書いてみると、投資における自分の着眼点は、
「なくなり得ないもの」をベースにしており、
「これから発展するもの」という考え方ではないのだな、と思わされw

明らかな「守り」の視点…大事なお金なくしたくないですし。
バフェット氏も言ってますもんね。「お金をなくさないことだ」と。




follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「億男」を読んで(4/15)

「億男」(著者:川村元気)を読んでの感想です。

2014年刊行ですが、2018年3月に文庫化となり入手した次第。
しかも今年2018年10月には映画化されるそう。

著者の方は全く知らなかったのですが、「電車男」の企画・プロデュースをしたとか。
(ソースはWiki)相当なヒットメーカーなんだろうと思い買いました…が、
シンプルに「億」と聞いてほって置けなかったw

さてあらすじ。

ひょんなことから3億円を入手した主人公が、
ソレを親友に話したら、3億円持ってドロンされますた、というもの。

基本線は想像通り「お金」についてです。
サブタイトルがあるとしたら「お金と幸せ」でしょうか。

あんまり言うとフィクションの小説ですのでネタバレが過ぎますよね。
ざっと話すと、お金に魅せられた方々が出てくるわけで、なかなかリアリティがあります。
気づかぬ内にお金に魅せられていないか?と考えるキッカケになるかもしれない。

ネタバレしなそうな部分で引用すると次とか。
(引用は赤字です)

「人は自分の死を予知できず、人生を尽きせぬ泉だと思いこんでいる。だが自分の人生を左右したと思えるほど大切な思い出を、あと何回心に思い浮かべることができるのか?せいぜい四、五回だろう。あと何回満月を眺めることができるのか?せいぜい二十回だろう。人はその機会が無限にあると思い込んでいる」(P.141)

お金は手段ですからね。魅せられても墓場には持っていけない。
バランスの良いお金の遣い方を…

お金の遣い方で言うならば、
以前からずっと書いている「「幸せをお金で買う」5つの授業」がとてもいい。
直接、幸せをお金で買えるわけではなくとも、幸せにつながりやすいお金の遣い方はある(と思う)。

また「幸せは都度感じるもので、永続するものではない」という視点に私は立っているので、
その点でも共感できるお金の遣い方です。

脱線しましたが、「億男」は薄い文庫本に収まっているので、さらりと読めてしまいます。




follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「武器としての会計思考力」を読んで(2/10)

「武器としての会計思考力」(矢部謙介著)を読んでの感想です。



昔の私なら、きっと手に取るのも苦痛であっただろうと思います。
が、会計やらファイナンスの本を読んできたことで、特に違和感なく読めました。

ということで、まず会計の本ならこの本…になるとしんどいかもしれません。
第1章に基本としてページを割いていますが、ページ数の関係もあってか表面的ですので…

でわでわ、感想を。
会計やらファイナンスの本で共通しているのは"大きな数字から見る”ということな気がします。
この本にもそんな記載が。考えてみればそうだなあと思うところかもしれませんけれど。

その他では、ある企業のBSやPLを挙げて解説されており、
解析方法が自分の投資に活きる…みたいな感じですね。よくあるパティーンかもしれませんけど。

さて、この本が決定的に他の本と異なるところ、
それは「KPIとしていかに会計を用いるか」という点でした。

KPIとして数値を設定し、それを社内で浸透させるには…など、
非常にリアルな感じの困難さがにじみ出ておりました。
そういった点で見ると、KPIを設定しうる立場の人が読むべきなのかもしれません。
あるいは、KPIを設定してシミュレーションするコンサルの方などかな?

いずれにしろ陳腐化するネタではありませんね。
興味がある方は手にとってみては?


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

本を読むことの意味(1/21)

自分のこれまでの人生を振り返ってみると、局面局面で本に救われたことが多数あります。
ただ思い返すと、なぜその本を手に取ったのか、全然思い出せません。
気がついたら読んでいた、そしてそこにあるフレーズに救われていた…そんな具合です。

そういえば2015年にもそんなこと書いてました。

今再びの「しあわせる力」再読(9/22) ※2015年

性格や習慣はそう変えられるものではないと思います。
だから一度身についてしまうと、そうそう離れていかない。
これは思考パターンにも言えることで、ネガティブな思想で回してしまうと、それこそ抜けられない。
しかも悪く考えれば考えるほど、さらにドツボにはまってしまい、悪い方、悪い方に行ってしまう…
そんな経験はありませんか?

と、まあスピリチュアルな感じで始めましたけど、よくある話でしょう。

ただそんなときは、それこそ本を手に取って欲しい。安価に代理経験を得られるチャンスなんだ。
なぜその本を手に取ったか?それは運なのかもしれない。でもその本に出会った、それは縁なのかもしれない。

昨年2017年からでいうと、わたしはこの本に救われた面がある。

「ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること」を読んで(12/20)

この中の「迷ったら損」というフレーズに救われた。
というのは、2017年中を、ほぼずっと迷っていたから…投資も人生も何もかも。
このフレーズを意識してから、今のところとても機能しています。
まさか投資関係の本で実生活が活性化するとはね。

この例でもわかるように「いつ、どの本で、何のひらめきがあるかわからない」と感じます。
なので、ぜひ本を手に取って読んで欲しいなとおっさんは思うわけです。
そこにあなたの人生に良い影響を与える何かがあるかもしれないから。





follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示