日記 (投資編) - 長期投資で自分年金づくり

立地の重要性(4/23)

まず始めに断っておきたいことは、次に記すことは決してdisりが目的ではないということ。
その点にご留意いただきたく。ご気分害されぬよう。

では本題。

昨日ですね、オシャンティなコーヒーを飲もうと都心をうろうろしていたわけです。
で、駅徒歩1分のようなオサレビルでお茶しようとしてですね、あるカフェに入ったのです。

ただですね、オペレーションが良くないんです。
自分が接客業なら…という視点で言うと、決して取らない態度だろうなと感じつつ。
(調べると有限会社だった)

脱線すると、学生時代のバイトで接客業をしてました。
その時のクソ厚いマニュアルには、お辞儀の角度全てに理由が書いてあった。
その他全ての行動に理由が云々書いてあり”あほお”な私はめんどーと感じていたわけだが…
チェーン店の凄さだわ、ほんと。いい経験をしてたんだわ。

と、本線に戻る。

ただそんな状況でも、人は入る。
なぜか?立地が良いからだ。
(店員はイケメンだったりしたけれども)

そういった解釈をした。

スタバの立地は常々良いなと思っているわけですが、その辺を強く感じた次第。
すでに勝負は決まってるんだ、場所で。

あとおっさんの私としては、どチェーン店だとオペレーションが統一されていて落ち着く。
それに安心して入れるという。
ある意味リスクを冒すお店探訪をしたくないというおっさんですね。

立地の重要性。改めて言うほどのことじゃないですけど。
どこで勝負するか、トンチンカンなところを強化しても、勝負にならないと感じた。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

ロン株さんフォーエバー(4/19)

かつてロン株さんというすごい方がいた。

今でこそ米国株のブログは真っ盛りですけど、
ロン株さんは実力も兼ね備えた、スーパースターのブログだった。

そんなロン株さんはブログを閉じられた。本業が大変だということでした。

今はオフ会など、繋がり易い環境ができておりますが、当時はそこまでではなかった。
もしあの時今のような環境があれば…と思うと残念です。
もしかしたら、リアルに会って会話できたかもしれないから…

ただブログを閉じられた理由は他にもあるように感じていた。
それは、ロン株さんが本来狙っていたブログの効果が出ていないと感じていたのではないか?

狙いとしては、読者との双方向のコメントをやり取りすることで、
双方のレベルも更に上げよう、という試みがあったように思う。
しかし実際はコメントも全然つかず、狙ったものになっていなかった(ように感じていた)。

とかそんなことを思っていた。

当時の自分は、今よりもずっと”あほお"だったので、とてもコメント出来る立場でもなかった。
でも、そんな自分にもブログにコメントいただいたり、勇気付けらることがあった。
触れるアイドルAKBじゃないですけど、雲の上ながら、ロン株さんの背中を追っていた。

現在、ロン株さんのブログに近いな、と感じる方もいるものの、同じ人かはわからない。

ロン株さん、自分、ロン株さんの背中を追って、ちったあ資産殖やしましたよっ!
(フラグにならないことを祈る!)

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

これからの投資アイデアについて(4/2)

「日本はガラパゴス」とかつてよく聞いた。

「良く言えば個性じゃないか」というのが私の印象。
他国で長く過ごしたことがないので感覚的には比較できないけれど、
きっと他の国でも同様に感じることがあるんじゃないか?

最近、コレに付随した投資アイデアが上がってきた。
なんてことはない、日本という”個性のある"市場だからこそやっていける企業があるよね、と。

これまでは利益が伸びる企業とは…を考えて、
市場そのものが広がっていくものなどを中心に株を買ってきた。
その中でこの個性のある市場で生き残る企業、というのはほぼ考えの枠から外してきた。

しかしある意味手堅いよね?とも思える。
ただパイそのものが大きくなるとは期待しづらく、
利益成長は微々たるもの、もしくは横横なんだろうと考えます。
とすると、疑似債券の意味合いが近くなり、買値がとても大事になる。
だから今のうちに調べておいて、安全域の確保ができそうな時に買うと。

自分は株の値上がりよりも、配当という株主還元が好きだ。
(もちろん自社株買いしてくれても全然いいんだけども)
よく配当課税されて…と揶揄されるけど、直接金融のあり方としては、
その企業が利益をあげて、そこから株主に還元する、というのがオーソドックスだと思う。

ということで、配当にフォーカスした、
ある意味疑似債券取得のためアレやコレや妄想を行うわけです。
今年2018年もわーわー考えていきますので、みなさま生き残りましょうぞ。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

優待(クオカード)の使い道(3/22)


優待としてクオカードをもらうケースがあります。
実はこのクオカードが悩みの種でして、一向に使うことがありません。
なぜなら使用する可能性がある実店舗へ足を運ばないから…

本屋で使用可能になって活用度は上がったとはいえ、ネット経由で買う方が圧倒的に多い。
またファミレスやコンビニにはそもそも行かない。

結果、溜まる一方になってます。

また無駄にけっちい発想で、その企業名が入ったクオカードはなぜか使用したくない。
理由がわからないんですが、おそらくコレクター精神なんでしょうね。
きっとこのまま埋もれていくでしょう。

本来なら、こういったノンキャッシュを積極活用し、キャッシュを温存すべき(だと思ってる)。
そして温存したキャッシュで投資する。これが自分の方針です。

ポイントは貯めておいても増殖しませんが(セゾンなど、最近はそうでもないかも)、
キャッシュは増殖させることも可能だから。

3月は、その他優待の期限もあったり悩ましい。マックしかり、貯めたポイントの有効期限も…

ポイントが失効しては元も子もありませんので
「あのポイントは!」と思われた方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか??

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

保有株の状況:DIS(ディズニー)について(3/17)

世界2位のネズミは知らないが、世界1位のネズミは知ってる。そうミッキー。

自分が野球チームの監督なら、世界1位のネズミを要するチームとは戦いたくない。
だって世界最強だし。4番とかに座ってるならずっと敬遠やわ。ブーイング?知らんがな。
「バーカ!バーカ!勝てばええんやあああ!他で勝負や!他で!」…というね。

「これから世界1位のネズミ作るわ!」って言っても、
まず対抗馬の規模がでかすぎて、腰を上げるには気持ち的に重い。

仮にそんなプランを実行に移して1位になる時があるとしよう。
しかしだ、瞬間最大風速的に1位にはなれても、脇を固める設備などを考えれば、厚みがすごすぎる。
しかもね、「他の動物でも世界1位作って!」と言ったら、たぶんディズニーから出てくる予感もするのね。

そのうち、ミッキーが宇宙戦争するやつとか出てくるんや(ダークミッキーがフォースを駆使するやつ)…
あるいは、ミッキーvsキャプテン・アメリカとかな(ディズニー傘下マーベルのキャラと戦う)…

収益源のESPNについても、想像より早く手を打った印象だった。

追伸:個人的には、ドラえもんと戦って欲しい。負けないから、日本。
(究極的には「地球破壊爆弾」を要するドラえもんサイドが強いが、いかんせん相手はドラchan苦手のネズミ…)

「地球破壊爆弾」は7巻らしい。


★資産に占めるDISの割合:0.5%
(モカヲのPFは、想像力でできています。made in IMAGINATION

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示