日記 (投資編) - 長期投資で自分年金づくり
FC2ブログ

相場雑感 〜3月権利落ち〜 (3/31)

3月30日(月)の日経平均終値は前日比1.57%安(304.46円安)の19,084.97円となった。
(同TOPIXは1.64%安(23.95pt安)の1,435.54)

前日(3月27日(金))のダウ平均の下落(4.06%)を見てると、
30日は権利落ちも相まって落ちんのかな、なんて思ってましたけど全然な感じ。
つよすぎ。しかも日銀さんのお買い上げ来てる。

しかし権利落ちを含めても、関係ない銘柄が叩き売られていたり、
逆に配当落ちを考慮してもめちゃんこ強い銘柄もあったりする。

願わくば後者の銘柄がPFに含まれてるといいなとか思いますけど、
そもそもは、このコロナ相場に適した銘柄であって欲しいとは思わない。

なぜならそんな短期の利益が目当てではなく、長らく保有するための銘柄が欲しいのだ。
今はそんな銘柄を選ぶ時期であり、しかもそれが長く続く見通しなのだ。

アタックチャンスがずっと続くみたいな感じですけど、資金は有限だ。
優先を決めつつ、相場にアジャストしてくしかないよね。

とりあえずこの3月には、優待マン冥利に尽きるお買い上げも出来た。
…勘違いしてはいけないのは、優待が第一ではなく、欲しい銘柄に優待があった…
これですよ!これ!(うそっぽい)

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト



相場雑感 〜コロナウイルス感染症〜(3/20)

コロナウイルス感染症の実体経済への影響…恐ろしいものです。
2月に入ってなんとなく変調の兆しがあったのは確かでしょうけど、
一気に株式市場で顕在化したのは2月21日(金)あたりからでしょうか。
そこを起点に3月19日(木)終値ベースで国内・米国の株価指標を見てみますと、
次のようになります。

<日経平均>
約29.2%下落
(2月21日(金)終値:23,386.74 → 3月19日(木)終値:16,552.83)

<TOPIX>
約23.3%下落
(2月21日(金)終値:1,674 → 3月19日(木)終値:1,283.22)

<ダウ平均>
約30.7%下落
(2月21日(金)終値:28,992.41 → 3月19日(木)終値:20,087.19)

<S&P500>
約27.8%下落
(2月21日(金)終値:3,337.75 → 3月19日(木)終値:2,409.39)


だいたい30%程度の下落でしょうか。
こんな急峻な下落はリーマンショックでもなかった、との記事を目にしました。
株式投資を始めて10年以上が経過しましたが、個人的にもこんなに急激な下落は初体験です。

自分の心理面がどうだったのか、プライドもなく正直に答えるならば「ゔ…」と感じました。
特に3月上旬の起床時に流れるニュース…ダウ平均が1,000ドル安、2,000ドル安云々など。
こういった時は率で考えるべきですが、額面が通達されると一時的な反射反応でもいい気持ちはしません。

自分は現物株の買いオンリーですので、基本的に売らなければダメージとして実体化しませんが、
それでも鬱屈とした心境でした。
自分のアドバンテージとして、含み益たっぷりで臨んだ下落なわけですが、
その圧縮されるスピードは凄まじく早い。これも気持ち的にはボディーブローのように効いてきます。

特にツイッターにはその心理が体現されており、
私は心理的に不安があるとツイート回数が増える、という特性があるのですが、
まさにこの3週間はツイッターにいる率も高いですし、ツイート回数も多い。
強がっているツイートだとしても、心理的には不安だしストレスだったのでしょう。
とんだ恥さらしでお恥ずかしい限りです。

さて、この相場はどうなるのでしょうか?
この相場がずっと続くと考えますか?私自身はそう考えません。
(他人の相場観ほど邪魔なものはありませんので、お気をつけください)

となると、返す刀を振るしかありません。
欲しい銘柄などを、買った瞬間に壮絶な含み損になりながらも買い続けています。

基本的に売買の多いタイプの人間ではありませんが、
ここ3週間程度で、昨年”年間の”取引回数に匹敵する売買(主に買い)を実行しています。

来週以降も荒波でしょう。
しかし、激しいボラティリティも続いてきますと慣れますね。
慣れることはショックアブソーバーだなと感じます。

今から積み立て投資を始める人は、まさにいいタイミングなんではないでしょうか?
投資はいいものですよ。
サラリーマンにおける仕事では、上司からの叱責、成果を横取りしようとする人、
出世のために蹴落とそうとする人、政治的に排除しようとする人などなど、そんな人はいません。
己の力のみ、まさに地力がしかと反映されます。
それだけでも相場にいる意味はあるのではないですか?少なくとも私はそうです。

…といったところで、ポエムは終わります。
今日も元気に「ほあようごぁいまーしゅ!」

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コロナショック?相場雑感(3/1)

ぶなああああああっ!
(猫が人に踏まれた際の叫び声)

こんぬつわ。ポートフォリオ大出血マンです。

3月に入ったので配当履歴を…と思ったんですが、
それよりイベンツが発生したので相場雑感など記載したく。

さて、そもそも、ここ1週間の株価指数の変化を見ると次の通りです。
(1週間とは2月21日(金)終値から2月28日(金)終値まで)

・日経平均:
23,386.74 → 21,242.74(約10%下落)

・TOPIX:
1674 → 1,510.87(約10%下落)

・ダウ平均:
28,992.41 → 25,409.36(約12.4%下落)

・S&P500:
3337.75 → 2,954.22(約11.5%下落)


率にすると割とそうでもない。
…ですが、米国のVIXは平時20を超えなかったものの、
この1週間で徐々に上がって、28日(金)には40越えをしてますからね。
そりゃボラボラボラボラアっ!て言いたくなりますよね。

国内株については、買える株価に落ちてきた銘柄を拾い集めていたわけですが、
それでも更に下落していくという展開に。
この辺は自分の調整と判断した相場観と、他者がどう思っているか?を考えずの失敗かなと。反省。

米国株については、欲しかったGOOGLを指値するも指さらずで何も買えず。
個人的には、国内株より米国株の方がバブってる印象なので、下落したとはいえ、
まだまだ買えない、が本音です。しかし28日(金)の株価を見る限り、
手を出せそうな銘柄が出てきていますので、来週以降、買っていければと。

しかし昨年2019年の取引回数は国内株だと17回(買い:14回・売り:3回)だったのに対し、
この1週間ですでに取引回数が8回を数えます。個人的には異常です。

一寸先は闇であり、未来は誰にもわからないわけです。
それでもリスクテイクしていこう!という方針です。

ポートフォリオの含み益の圧縮具合については、
人に見せたら失神するんじゃないか、とも思えますが、ままその辺は。
言うなれば、ポートフォリオが出血している中、更に買付して出血していく…
そういうことですね。やってることはこの10年変わらない。でもこれが楽しいんです。

性格悪いと言われそうですが、
売らなければならなくなった人から買うのが、一番おいしいんですよ…

天真爛漫ブリ子より、愛を込めて。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

確定申告したった(学習しない”こどおじ”の話)(2/22)

平成31年/令和1年度の確定申告書を提出したので、その一部始終を。

まず”こどおじ”って何?と言いますと、
“こどもおじさん”の略になるわけで”子供みたいなおじさん”を指します。
決して見た目が子供みたいでかわいい、というわけではなく、
子供みたいな振る舞いをするおじさん、という解釈が正しいかと。


え?こどおじの説明はいい?
そうですか…以下の話はこどおじのファンシー神話(Road Of The SHINKOKU)なので、
その辺踏まえてよろしこです。

なお、昨年度の確定申告話は次のリンクの通りです。
確定申告したった(相変わらずの備忘録)(2/22)
奇しくも、ちょうど1年前の記事なのな。

毎度のことになりますが、当方はサラリーマン、
かつ米国上場企業の株式を保有している関係で、外国税額控除を申告しています。
またふるさと納税も行なっているため、確定申告をする感じで。

最近はネットで確定申告書が作成でき、
手書きで行なっていた時より格段に楽になったわけですが、
今年もネットで作成し印刷して提出、としました。

ただ問題は印刷・提出の過程であり、今年もここに落とし穴があった。

そう、外国税額控除のエビデンスとなる配当通知を印刷している時だ…

深夜23時過ぎ…プリンターがぴーぴー言い始める…

Oh…カミがない…


トイレでカミがないのと同じぐらい絶望的な感じ。
印刷しないと提出できないじゃんか!と。

ここでアマゾンプライマーのおっさんはA4用紙500枚を買うわけですよ。
すごいのが23時過ぎてるのに、翌日には届けますぜ!と。

スーパー!!!(マーケットじゃない方。修飾語の方)

これで翌日には印刷を再開し、無事レターパックライトで税務署に送ったわけです。

しかしレターパックライトの値段が10円上がってて。370円なのな。
すごい蛇足をするとですね、このレターパックライトですと厚さ3cmまで、重さ4kgまでなのね。

計算しますと、当方が使用したA4用紙では0.09mmなので、300枚越えしない限り厚さの心配はない。
(ダブルクリップ等で束ねるのでその厚みも考慮しますが)
また重さは300枚でも4kgには達しない。そのため300枚に達するか否か、がポイントになる。

え?ケチくさい?厚さ制限のないレターパック(520円)使えや?

…なんか負けた気がするし…

といった感じ。

今年はプリンターのトナーががんばって、なんとか印刷しきる。
しかし残量を見ると、マゼンタだのなんだのかんだのギリです!と訴えておる。

Um…来年はトナーが切れる悪寒がする。

そして補充することなく確定申告を迎えて、きっと困るであろお。

珍。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

米国株の近況について(1/19)

いやはや、Dow Jones Industrial Averageは30,000ドルが見えてきている…

そんな中でポートフォリオを確認してみると、
今や米国株の主力となったVisaがかなりの含み益となってきた。



初めて買った時はブログに書いていた。2015年だけどね。

サテライト投資にVisa(V)を追加しやした(7/31)

それに加えて、2018年末にポートフォリオに加えたMSCIもダブルバガーに。
保有して1年ちょっとで2倍ですか…恐ろしいもんです。

ポートフォリオを見渡せば、NKEもダブルバガーで落ち着いて、
その他もダブルバガーとまではいかなくても、どの銘柄が先か競っているような感じ。

ああ、怖い。

こう書くとただ自慢しているように見えると思うのでネガティブなことを書いておくと、
保有する全ての銘柄がプラスじゃないってことで。
最近はその含み損が縮小するのと、含み益が拡大するのがダブルで来ている感じだろうか。
要は相場はいいよね、ってことで。

シーゲル先生も「ダウの30,000ドル達成間近かもしれないけど、調整も注意な」と
スーパー意訳するとそんなことを言ってた。

どうなんでしょうね。決算発表が続きますし、さあ果たして。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
RSSリンクの表示