日記 (投資編) - 長期投資で自分年金づくり
FC2ブログ

PayPay使ってる?(4/16)

一時期ツイッターを賑わしていたPayPayですが、最近はめっきり聞かなくはなりました。
と言うか、このQRコードやバーコード決済アプリは乱立し、覇権争いが過熱しております。
そのためシェア争いで、使用者に20%還元なんてザラな状況になってます。
Line Pay然り、d払いなどなど…

当方はPayPayをメインに使っており、正にPayPay(株)の思うツボであり、
ひいては、PayPay(株)の株主であるソフトバンク・ヤフーの思うツボでもあります。

それは置いといて。

なぜこの決済方法を使うかと言えば、もちろん還元があるから。
出来れば日々必要なものを買う時に使いたい。ということで、自分は薬局で日用品を買ってます。

牛乳、チーズ、ヨーグルト、お菓子などなど。
もともとスーパーの価格とどっこいどっこいのものを買うと、
あとあと20%ポイント扱いのように戻ってくる(よね?)のがいい。

恐らく同様な戦術を駆使している消費者がいるようで、
私が行く店舗だと、常に商品が欠乏しているところがある。
この戦略を駆使しているんだろうなあと。

最近では、PayPayで実施されている「第2弾100億円キャンペーン」が当たる。
4月に入っての6回使用で2回満額(最大1,000円)バック。
率にして.333であり、決済アプリ使用者打率の上位ランクだろう。

PayPayとしては、このまま”こいつ”(私のこと)に使用し続けさせたろ!
と思ってることは間違いない。
そして垂れ流す購買情報から、最適な広告なりを打ってくるんだろう。
また、顧客接点をこのアプリで持っていることから、取り得る作戦は様々ある。
昔、駅前でよく目にした、ヤフーのADSLモデム配布のような…以後は言わなくても、ね。


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト

哀愁漂う想い(4/8)

昨日は統一地方選挙日の投票日でしたので、指定された高校へ行ってきました。

これまでの選挙と同様に同じ高校で行われたわけですが、
高校の門をくぐると、形容しがたいですが高校の匂いがするわけです。

「懐かしいなあ〜」というにおい。

もちろん母校でも何でもないわけですが、
「高校時代」が無駄にフラッシュバックするわけです。

今でこそ、哀愁漂わせて物思いにふけれるわけですが、
あの頃はあの頃で受験だったり友達だったり悩みを抱えていました。

ということは、また10年後や20年後に、
「今」を振り返って哀愁に浸るのかもしれません。

そのためにはどうすればいいのか?

シンプルに「今」を精一杯生きるしかないのだと。

過去を憂いてもしょうがない。
未来に不安を抱いてもしょうがない。


ならば「今」を精一杯生きようと。


そんな選挙日でしたとさ。


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

PERについて(3/21)

代表的な株価を測る指標かと思います。
PER=株価/EPS
非常にシンプルな定義。
(シンプル故に奥深く色々と内包していると思いますが…)

私の投資は基本この指標を頼りにしており、
コレ1本足打法と言っても過言ではありません。

でね、先日、ディズニーが「Disney+」という動画配信サービスを開始する、
とのニュースを見て、ディズニー(DIS)のPERっていくつかな?と。

Yahoo financeで調べると、実績のEPSで見てもPER15倍程度と。
同様の見方を生活必需のP&G(PG)で行ってみると、PER24倍程度となる。

この違いは何か?
PERは業種が異なるもの同士の比較には用いないと思いますが、
そもそも業種ごとの違いが出るのはなぜか?

最近よく思うんですが、利益の継続性を見られているのではないかと。

例えばDISは映画を配信しておりますが、これって売れるか否か、
高い精度で計算できないと思うのです。
(分析屋は精度高くだしていると思いますが、ここでは”株屋は”という意味)
そのため株を買う立場からすると、その利益の継続性は高いとは言えない。
大きく当たる時もあるし、逆に赤字になるかもしれない。

逆にPGでは、生活していく上で買わないわけにはいかない製品ばかり。
すると、ある程度人間がいて生活していくとなると、まま売り上げなり計算しやすい。

それに、映画を見なくても死にませんが、洗剤買わないとすると、“社会的に”死ぬかもしれない。
どっち買う?となると、ねえ。

と、もしかしたらここまで読んで納得された方もいるかもしれませんが、騙されちゃいけない。

何がって?
DISの売り上げ比率を見てみましょう。

(売り上げ比率)
Media Networks:41.7%
Parks and Resorts:35.4%
Studio Entertainment:15.0%
Consumer Products & Interactive Media:7.8%

(営業利益比率)
Media Networks:46.4%
Parks and Resorts:25.2%
Studio Entertainment:18.1%
Consumer Products & Interactive Media:10.2%

(DIS IRより2018年4Q資料より)


あくまでDISの売り上げ、利益の大半を占めるのはMedia Networksなんです。
映画はあくまで、全体の一部分でしかない。
(とはいえ、キャラクタービジネスですから、ここでぶん回してMedia Networksに還元、
というのは見えすぎる話ではありますけれど)

だからここで展開した「利益の継続性」という点で言うと、映画の売り上げうんぬんは、
EPSへの影響が全然ない、ということ。人を信じてはいけませぬ。
ただ解釈というか、今後への展望という点では感じ方それぞれですが。

今日もこうやって、アレコレ妄想を膨らますのでしたとさ。めでたしめでたし。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

片付けられない男(3/9)

当方、片付けられない男であります。
本を買っては溜まり、カラーボックスを買い足す日々。
そしてまた本を買い、本が床の上にタワーマンションのように乱立する。
そしてそこを、蜘蛛が闊歩する。
タワーマンション間に糸を張り、リアルスパイダーマンやってる。
ここはマンハッタンか?

と、駄文を垂れ流しつつ。

先日ツイッターを見ていたら、Netflixで近藤麻理恵さんの番組がヒットしているどうの、
という情報が流れてきた。そう、片付けのこんまりさんという方のやつ。

確かものを片付ける際に「ときめく・ときめかない」で整理してたような。(うろ覚え)

ただ片付け方というと、100人いれば100通りあるのでは?というのが当方の考え方であり、
誰にでも適用できる絶対的なものはない、という認識でいる。

待て待て、ということはだ、投資も100人いれば100通り・・・そうか!
片付け方は投資のやり方にも通じるんじゃないか!
とパープリンな私は思ったわけです。

自分のポートフォリオの銘柄はときめく?ときめかない?

そう、保有する銘柄でときめくなら保有、
ときめかないなら売却…みたいな。


・・・
・・・・
・・・・・

めっちゃときめくやんっ!保有っしょ!
ミニチュアダックスに遭遇した時のように、めっちゃきゅんきゅんする(モイキー)。

もしかしたら、これで私もNetflixに番組が持てるかもしれない・・・
もかをきゅんのときめき・らゔりー投資方法(ぷりきゅや)。

エンジェル投資家の方がおりましたら、当方までご連絡ください。
お金いただいてとんずらしますんで。ばいばいきーん!

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

クラフトハインツの株価下落を見て(2/23)

KHCは昨日(2月22日(金))だけで株価が-27.46%下落という。
最近は$50手前の株価を維持していたものの、一気に$35程度まで落ちたことになる。

ホルダーであればショックだろう。それに減配の発表らしい。
(後者は未確認ですけど)

どれどれとIRを見に行けば、まずは通期での営業赤字が目に付く。
え?何があったん?ということでPLを見に行くと、
・Goodwill impairment losses
・Intangible asset impairment losses
の2つが計上されているのに気づく。
のれんと無形資産の減損だってさ。でかい。

で、ここで疑問だったのが、IFRS採用企業であれば、
のれんの”償却”ってしないんじゃないっけ?ということで。
でもね、ここは”減損”なのよね。素人っぷり全開でお勉強しないとねえ。
(所詮このレヴェル…おバカ丸出しお尻丸出し…KHCがIFRS採用かも調べてない)

逆に言うと完全にモノが売れなくなって営業赤字と言うわけではない
(ここ二四半期は営業利益減ですが)ので、底と見る見方もあり得る。
ブランド失墜でどこまで回復出来るかわかりませんけど、
バーゲンハンターから見ればチャンスと言えばチャンスなのかなとも。

個人的には、食品系はここ2年ぐらい逆風が吹いてるなあと眺めていて、
原油の動向もあるし敬遠していた。
数字上でかもしれませんが、こんなに景気が良いのに、売れないってどうなのよ?
と言うのがずっと引っかかって。

といったノイズでございました。
クラフトのチーズは冷蔵庫に常にあるけどなあ。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示