2014年05月20日 - 長期投資で自分年金づくり
FC2ブログ

クラフトフーヅ(KRFT)が気になって (5/20)

クラフトフーヅが気になりまして。
ええ、それだけのことなんですけど。
しかもグッダグダに駄文を書き連ねておりますのでご注意を。

そもそもクラフトフーヅというと、
かつてフィリップモリスに買収され傘下に入っていましたが、
アレコレあってスピンオフしていたはず。

しかし調べていると、さらにスピンオフしており、
・モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ)
・クラフトフーヅ(KRFT)

の2つに別れている。

別れた内容を見ると、
食品ブランドをそれぞれで分け合った上で、
クラフトフーヅが北米とカナダでの販売を行い、
それ以外の地域での販売はモンデリーズが行うとなっている。

つまるところ、フィリップモリスとアルトリアグループの関係にあてがえば、
フィリップモリスがモンデリーズであり、
アルトリアグループがクラフトフーヅであるとでも言うのか。


成長性では新興国を抱えることになるモンデリーズなんでしょうね。
ただ配当利回りが高くない(1.6%程度)ので投資には躊躇する。
逆に成長性には難がありそうなクラフトフーヅは3.8%程度の配当利回り。

ちなみにクラフトフーヅの売上げ比率を見ると、チーズがメイン
おそらくフィラデルフィアのチーズが強いのかな。
でも他食品でもバランス良く売上げがあることから、分散ぶりにはいいのかも。
個人的にはマクスウェルコーヒーとか知らなかったし、ピーナツのブランドも知らなかったけど。

指標で見ると、現状で言えば実績PERが12倍程度だから割安か。
ところがアナリスト予想のPERを用いると、2014年・2015年度と約16倍に跳ね上がる。
うーん。ふるわない予想なのかな。

最後になぜ気になったかと言えば、”増配傾向にあるから”です。
もしアルトリアグループのようになっていくのなら、今後も増配は期待できるのでしょうね。
しかも設備投資に資金をあまり使っていない(スピンオフしてから)。

ただアルトリアグループと決定的に違うのは、”中毒性のあるなし”かな。
コーヒーブランドは中毒性もありそうだけど、それ以外だと微妙だ。
チーズに中毒性があるとは思えない。

今後も増配を見込めるだろうし、有力な銘柄な気がするんだけど、
製品の支配力がちょっと信じられない。
こういうとき現地にいると確認できるんだけどなぁ。

ちょっと眺めていく予定の銘柄です。

面白かったら登録してね!Feedlyで更新のおしらせを!
follow us in feedly

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
スポンサーサイト



ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
RSSリンクの表示