2014年 読んでオモシロかった”マンガ” (7/13) - 長期投資で自分年金づくり

2014年 読んでオモシロかった”マンガ” (7/13)

・・・すみません、投資関係でなくて。
自分備忘録も兼ねて書いておこうかと。

「三十路にもなってマンガなんぞ!」と言われるとアレなんですけど、
まだまだ手が出るお年頃でして。

今年2014年に見つけてオモシロかったマンガ2冊をご紹介。

★喰う寝るふたり住むふたり

KUUNERU.jpg

NHKでドラマもやってるんでしたっけ?
これ、けっこうオモシロいです。

あらすじを言うと、三十路近い同居カップルの結婚に対する葛藤といいますか、
普段の生活を男側/女側の2つの視点で描かれています。
それぞれの視点というのが独特ですよね。

なぜこのマンガがオモシロいかというと、作者は女性だと思われますが、
男性の視点もかなり研究してる感じだから。
おそらく男性の協力者がいるんでしょうが、
ヒアリングしないとわからん視点も書いてある(と思う)。

うなづいたり、それはないと思いながら読むがいい感じ。
あとは絵が好きな系統のため継続買い中。

残念なことを言えば、それぞれの視点で物語が描かれるため、
進展が遅いことだろうか。そんな程度。

★女子攻兵

ZYOSHI.jpg

シャレみたいな感じですけど。
言わずもがな、女子高生に掛かってるのかなと。

おちゃらけたエロマンガかと思われると違う。

あらすじを言うと、近未来的な地球周辺のおはなしで、独立のため、
女子攻兵という女子高生チックな外見のガンダム的乗り物で戦争するというもの。
この女子攻兵の頭に人が乗り込んで操縦するというものだが、乗ってる主人公はオッサンです。
しかもこの乗り物に乗り続けると精神がおかしくなるという。
主人公はこのおかしくなっちゃった女子攻兵を始末してくっていう話し。

当然自分もおかしくなるリスクがあるわけで、逆に狩られないとも言えないけど。
物語はそっちには行ってない感じだけど・・・

何がオモシロいって、舞台となる世界にナゾが多く、それに引き込まれたといいますか。
具体的に言うと、舞台となる世界はどこか作りかけのプログラム上のようなもので、
主人公タキガワもなぜ女子攻兵に乗っているかも定かではない。
精神汚染が起きているのか、目の前のことがホントに起きているのかも怪しい。
例えるなら「マトリックス」的な印象ですが。

あと絵がなんか好き。以上。

この2つは今後も継続買いです。

「喰う寝るふたり住むふたり」は現在3巻まで刊行されており、
「女子攻兵」は5巻まで刊行。
続編に期待!!



関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
『喰う寝るふたり住むふたり』
私も読んでいて色々と共感しました。
男女の視点ってこれほどまでに違うのかと…(笑)
今後の展開が楽しみです。

Re: No title

こんばんは、すけきよさん!

私も共感するところがちょくちょく出てきます。
もちろん、自分のかつての経験に照らし合わせてのせつない行いなのですが…

しかし相手の思考は永遠にわかりませんね。
そこは思いやりでカバーしたいものですが、いかんせん相手がいないので不要ということに。

お互いいい人に出逢える年にしたいですね!

> こんばんは。
> 『喰う寝るふたり住むふたり』
> 私も読んでいて色々と共感しました。
> 男女の視点ってこれほどまでに違うのかと…(笑)
> 今後の展開が楽しみです。

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示