「千年投資の公理」を”ウォルマート(WMT)”にあてがってみる (7/20) - 長期投資で自分年金づくり

「千年投資の公理」を”ウォルマート(WMT)”にあてがってみる (7/20)

小売の巨人、ウォルマート(WMT)。
配当利回りがそれほど高くありませんが(約2.5%程度)、
規模の経済でコスト的優位にはあるでしょう。

この銘柄について「千年投資の公理」で考えてみます。

すると実名を用いて何ページかに記載されている。
ページにすると、P.83,88,152とか(もっとあるのかもしれませんが)。

で、書かれている内容としても、

・ウォルマートやホームデポなどの企業は規模の効果によって堀を築き〜(P.83)

・巨大小売業が低コストを実現できる理由のひとつは、その巨大な規模にあるが〜(P.88,90)


という具合で、大規模運営による仕入れコスト低下という強みを感じます。
日本で言えば、セブン&アイHD(3382)とかイオン(8267)に当てはまるでしょうか。

ウォルマートは西友を傘下におさめており、西友のCMを見るとうまくいってる感じがします。
(業績は見たんかよと言われるとアレなんですけど)

どんな業態でも同じですが、安く仕入れて高く売るというシステムなのに、
やり方ひとつで大きく差が出るんだなぁと感じます。
そういった意味で、どんどん拡大していくウォルマートのノウハウは
まさに”経済的な堀”なんだなぁと感嘆を受けます。

下落するなら欲しいけれども。

関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示