「ピーター・リンチの株の法則」を読んで vol.2(4/26) - 長期投資で自分年金づくり

「ピーター・リンチの株の法則」を読んで vol.2(4/26)

「ピーター・リンチの株の法則」
(副題:90秒で説明できない会社には手を出すな)
(著者:ピーター・リンチ)を読んでの感想です。


さてvol.2です。

vol.1は「ピーター・リンチの株の法則」を読んで vol.1(4/18)

第1章では「聖アグネスの奇跡 アマチュアでも勝てる!」(P.29〜48)と、
なんとも興味を惹くタイトル付け。
う〜ん、アグネスって興味惹かれますよね…ってそっちじゃない(ばか)。

内容は、小学生(日本の中学一年相当)が選んだ14銘柄が、
2年間でリターン70%を達成したというところから発します。
同時期のS&P500が26%上昇ということからも、
やはり優れた選択だったと言えるんじゃないでしょうか?

この内容を受けてリンチ氏が解析する、というものになってます。
(引用は赤字です)

肝心の選んだ銘柄というのは、小学生たちに馴染みのあるものばかり。
ディズニーだったり、ウォルマートだったりと、実に身近にある。

これを受けてリンチ氏は、

自分が知っているものを買う - これは多くのプロが実践を怠っている、非常に高度な戦略だ。(P.36)

と、高く評価しています。リンチ氏自身も、ショッピングセンターをぶらぶらすることを、

私はこれを「ぶらぶらする」と思っていない。投資先の候補がおあつらえ向きにずらりと並んだ場所での「ファンダメンタル分析」だととらえている。(P.215)

とするぐらいですから、いかに身近な企業が有望なのか、考えさせられますよね。

と、銘柄選択についてはこれぐらいで、実は他に成功の鍵としてピックアップしているところがあります。
それが、これ。

こうした投資クラブの成功のカギは、株を定期的に買っていくことにある。(P.45)

このように定期的に投資することを習慣にし、何があってもそれを守れば、大きな利益が得られる。(P.46)


定期的に購入し、またそれを守れ、と。
見えない行間からすると、何があっても”売らずに”それを守れよ、となりそうですが。
もちろん財務状況は確認する必要ありですけど。

投信のドルコスト平均法による購入ではなく、個別銘柄を定期買いですから、
前者より手間もリスクも大きいでしょう。でも考えさせられますよね。

別のページですが、こんなことも書かれています。

追加投資するときは、それまでの数年間で最も出遅れているセクターに資金を振り向けること。(P.110)

言い換えれば、ポートフォリオで一番出遅れているものに追加投資しろよ、でしょうか。
私のサテライト投資なら、間違いなくエネルギー株ですね(上がってきちゃったけど)。

といった塩梅。
次回以降も続きます〜。
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示