Sell in Mayってどういった解釈?(5/1) - 長期投資で自分年金づくり

Sell in Mayってどういった解釈?(5/1)

ちまたで「Sell in May」と聞くシーズンになりまして。

「そうかぁ、Sell in Mayかぁ」と草を反芻咀嚼する牛のごとく、
脳内メルヘンの三十路であるわけですが、
このSell in Mayの解釈って正しくはどうなんでしょう?

率直な解釈は、動詞から始まる命令文なので「5月に売れ」かと思われますが、
この売れというのは、5月に高値を付けるから売れなのか、
はたまた、5月は暴落するからその前に売れ、ということなのか判断がつきません。

ただちまたの解釈だとどちらもあるようで、
5月に高値を付けるけど、ボラティリティを伴って激しく下落するときもある、
などなどのよう。

これを見て思ったこと。

10月。これは株に手をだすには特に危険な月だ。
そのほか危険な月は、7月と1月と9月と4月、
11月と5月と3月と6月と2月と8月、
それになんと言っても12月だ。(マーク・トゥエイン)

合掌。
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「6月にファンドの決算があるから5月は手仕舞いで下がる」
ってことなら、
「5月は暴落する」
が正しいのではないでしょうか。
あくまでアノマリーなので、あまり当てにはできませんが。

Re: No title

こんばんは、幸福賢者さん。

ヘッジファンドの換金売りというのは聞きますね。
となると、おっしゃられる通りに下落要因の一つですよね。

アノマリーは当たるときもありますし外れるときもありますが、
どちらにしろ後付けになってしまうので、状況はしかと見極めたいですね。

> 「6月にファンドの決算があるから5月は手仕舞いで下がる」
> ってことなら、
> 「5月は暴落する」
> が正しいのではないでしょうか。
> あくまでアノマリーなので、あまり当てにはできませんが。
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示