「持たない幸福論」を読んで(6/27) - 長期投資で自分年金づくり

「持たない幸福論」を読んで(6/27)

「持たない幸福論」
(働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない)
(著者:pha)を読んでの感想です。


スーパーニートのphaさんの新刊です。
これは…読まずにはいられないでしょう。基本的な考え方は同じですし。

ちなみに、前著の読書感想文はこちら。
「ニートの歩き方」を読んで(2/22)

内容としては、資本主義経済の中で、常に上昇を求められる生活から脱却し、
いかに幸せに資本主義渦巻く環境から抜け出すのか…といった具合でしょうか。
おそらく著者が歩んで来た経緯かと思われますが、それでも足跡を追ってわかることもありますよね。

基本的に読んでいてとても面白いのですが、わたしに引っかかったのは次のところです。
(引用は赤字です)

お金がなくても楽しく暮らすための心がけとして一番大事なのは、「他人と自分を比べない」ということじゃないかと思う。そして他人と自分を比べなくても平気になるためには、「自分の価値基準をはっきり持つ」ということが必要だ。(P.119-120)

大切なのは、周りに流されずに「自分にとって本当に必要なのは何か」「自分は何によって一番幸せになるか」という自分なりの価値基準を持つことだ。(P.121)


これから生きていく上で自問すべき話ですよね。
ブレていて苦しむのは自分かもしれない…ブレッブレですけど、わたし。

で、これを自問する際に大事にするのは何か?を著者はこう言ってます。

お金や時間に振り回されないためには自分なりのペースや価値基準を見失わずに持ち続けることが大切だ。そのためには「感覚や感情を大切にする」というのが有効だと僕は思う。(P.150)

心の赴くままに…感じたままでいいんですよね。
それを優先した先に見えるのが、自分が目指すべき生き方かと。

普段の生活に疲れている方にオススメです!
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 自分なりの価値基準を持てる様になるまでが最初のハードル。そして社会の最も厄介な点が自分なりの価値基準を常に壊そう、失わせようとする点だと思います。

 没頭できる趣味を持つのも一つの手かな なんて感じました。

 海外に行く一つの利点は情報を遮断できる点があると思います。

 お金を持っていて、ぶれない価値基準も持っている が理想ですね。

Re: No title

こんばんは、長期投資さん。

>  自分なりの価値基準を持てる様になるまでが最初のハードル。そして社会の最も厄介な点が自分なりの価値基準を常に壊そう、失わせようとする点だと思います。

→後者がよくわかります。資本主義を拡大させるため、倫理観等を歪める必要を感じる時があります。
素直に従って心を痛めるのは勘弁して欲しい…それが本音です。

>  没頭できる趣味を持つのも一つの手かな なんて感じました。
>
>  海外に行く一つの利点は情報を遮断できる点があると思います。
>
>  お金を持っていて、ぶれない価値基準も持っている が理想ですね。

→没頭できる趣味はこれからの人生でも築けると思っているので気長に模索していきたいです。
お金もあってぶれない価値基準があれば無双ですね。人生がバラ色な感じがします!
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示