「大損しない超正統派株式投資法」を読んで(10/11) - 長期投資で自分年金づくり

「大損しない超正統派株式投資法」を読んで(10/11)

「大損しない超正統派株式投資法」
(著者:山崎和邦)を読んでの感想です。


1009_1.jpg

本の帯にも書いてあるように、
“元証券マンで現大学名誉教授”という、社会的地位もしっかりしている方の本です。
(細かい経歴が帯の裏に書いてありますが、「投機学」なる講義って大学であるのね)

さて、読んだ率直な感想です。
負けないためのマインド本、みたいな。
「勝つためにやること」ではなくて「こんな失敗があるからこうしない」という。
具体的な失敗例を挙げて「やるなよ?やるなよ?」と説明している。

タイトル通りに、大負けしないための心持ちをレクチャーしている感じ。
だから「こうしようぜ!」みたいな内容を期待すると外れるかと。
メンタル系の本に近いです。

個人的には、大方の投資本に通じるところの斜め上を行ってる感じで面白かった。

それでは印象に残った文章を引用して〆ます。
(引用は赤字です)

ファンダメンタルを冷静に判断して企業分析的価値観から買った銘柄は、下がればまた買う。また下がったら株数を増やしてまた買う。かくて資金が尽きることを「ナンピンスカンピン」と言います。ここに至るまでナンピンすべきなのです。(P.50)

→ナンピンを推奨している本というのは、ジム・クレイマーの本に次いで2冊目だなあ(自分調べ)。
でも納得出来る話(前後文章については本でご確認ください)。

失敗して終わった人たちは相場以外に生きる道がありませんでした。他の稼業や趣味を持たなかったのです。(P.89)

→相場だけ、となるとリカバーが効かない。経済的にもメンタル的にも。

自分の本当の目的とするものを明確に単純化しておけ。(P.151)

→シンプルが一番。何事も。複雑化するとあかんと思います。
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示