人の不幸は蜜の味(提供編)(7/17) - 長期投資で自分年金づくり

人の不幸は蜜の味(提供編)(7/17)

ゲリラ豪雨とでも言うのだろうか?
2日続けての豪雨に見舞われる。

後から知ったこととしては、短時間で弱まったとのこと。
となるとまさに直撃を体感できたわけではあるものの…

1日目は仕事後の帰路で。
道路が川の浅瀬級に溢れてる。
もはや革靴の浸水は避けられぬ。

ただ帰路なだけに、家に帰れば処置はできる。
やむなくジャボジャボと道路”だった”浅瀬を歩いて行く。

ほんの数歩で、革靴だけでなく、全身がずぶ濡れになったのがわかった。
ちょっと歩いたら、むしろ開き直りで「もっと降れ!」とさえ思えた。

そして歩いてバス停へ。
待ってるときの気分の悪さといったらない。

しかも体温がどんどん持って行かれて、非常に寒い。
なんだろう、この苦行。

バスも川の浅瀬を走るごとく、のんびり。
早く行かないかなあと思いながらも、わたしの意思とは関係なく。

そして家着。

ちょうどAmazonから本が段ボールで届いており、
これ幸いとばかりにビリビリ破いて玄関前に「ドーン!」(床に置いた)。

そして水が滴るカバンから何から何まで置く。

手を洗おうと洗面台の水を出すと暖かい。要は体温がめっちゃ下がってたのね。

風邪を引かなくて幸い。さらにポジティブに言えば、カバンの中身も見直すいい機会に。
通常の勤務スタイルがパワーアップした感じになった、ような。

そして2日目。
これは1日目を超える苦行のスタート。

それは午後から研修のため移動先でのこと。
午後から研修というと、気分的には楽。直帰の予定だったし。

しかしそうは問屋が卸さず、研修先の最寄り駅着いたら昨日と同じ光景が広がる…
グレーチング(排水のあみあみの部分)から排水が追いつかない水量が溢れる…そして雷。

雷の鳴り具合からすると、そう弱まるのは遠くないはず…とわかりながら、研修の時間が近づく。
正直、研修辞めて帰りたかった。しかし、後日そう報告できるわけもなく。

もはや遅刻ギリギリまで引っ張ったが雨は弱まらない。ああ、無常。

ずぶ濡れでの研修受講を覚悟し歩く。うん、思った通りのことが起こる。

ここから半日、おパンツまでずぶ濡れで研修受講とは、何の修行だろうか。
そうか、忍耐の研修なのか。それならわかる。
(椅子はパイプ椅子のようなビニル地だったため、研修地にはあまり迷惑はかけてない…はず)

じわじわ削られる体温。そしてこの水浸しを耐え忍ぶ修行。
この日ほど、ユニクロでもなんでもいいから、服が買えるところがあったら休憩時に買いたい!
と思ったことはなかった。が、そんなものはなかった。(近くにモンペルがあったがそれは…ね)

ただ研修に集中して気を紛らわそう!(本来の目的はコレです、見間違わないように)
という気持ちで聞いて、地味によく理解した気がした。

不幸中の幸いか。

ただどれくらいでこの水浸しが乾くのか、時間を計ってはいた。
すると、スラックスは1時間強で裾が渇きだした。
(革靴は脱いで、靴下も脱いで裸足受講)

全身も2時間強すると、意外にも通常時に近くなる。あれ?意外と快適じゃね?感。

そして研修も無事終わる。

帰りは靴下は履けないので、石田純一のごとく、素足で革靴となる。
しかし水を含んで重い。苦行の仕上げだ。

そして帰宅。疲れたのか、Macを前にして寝る。

忍耐の研修を経て(違う)、わたしはわたしをアップデートしますた。
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示