答えの出ない議論 〜NISAで何買う?〜 (10/11) - 長期投資で自分年金づくり

答えの出ない議論 〜NISAで何買う?〜 (10/11)

さてどうしたもんでしょう?
個人的には、「やれETFだ、海外株だ、いや海外ETFだ」と
あっち行ったりこっち行ったりしてるわけですが、
今有力なのはインカムゲイン狙いの海外株です。

そうです、高配当狙いの海外株をと。
マークし続けてきた「アルトリアグループ(ティッカー:MO)」を
このNISAで保有するのもありかなとか。

実際、非課税になって得する金額は実に小さいですが、
インカムゲイン狙いだと、どうしてもそうなってしまうでしょう。

で、自分が気をつけようと思ってるのは下記。

★★5年後(2019年)のロールオーバーをどうするか?★★

非課税枠は最長5年なので、2014年からNISA口座を使用するなら、
その年の100万円は最長で2019年までしか使えない。
(更に延長するなら+5年できる。つまり2024年まで利用可能)

このとき保有している銘柄をNISA口座以外に移せますが、その時の株価の”時価”での移管となる。

たとえば2014年に100万円でNISA口座に買った銘柄が、
2019年に70万円に下落して、特定口座に移管したとする。
すると、すでに30万円の含み損なのに、その後100万円に株価が戻して売ると、
差分の30万円には課税され20.315%は取られますよってこと。

含み損に更に課税だなんて、泣きっ面に蜂もいいところ。
「非課税の口座だ!」なんて喜んでたらこんな結末なんて・・・となってはかなし。
「お得なことしたな」なんて思ってるおじーちゃん、おばーちゃんが
最後に悲しい思いをしてツライ顔をしているのは想像したくない。

先ほどカッコ書きしたように、5年後にNISA枠の再延長5年を受け付けるわけですが、
そのときも株価は時価でとなる。

私はめんどくさいこと考えたくないので、5年後2019年には一旦売るつもり。
だから、下記な狙いとなる。

2014年〜2018年:
インカムゲイン狙いの保有しっぱなし。
(毎年100万円プラスしてくため、口座総額は400万円になる)

2019年:
全て売る。だからこの年だけキャピタルゲインを狙う。

2020年〜:新たなるNISA枠の使用開始。


という感じ。

このプランの必須なことは、
「5年後保有銘柄がプラスであること」
に尽きる。
含み損では結果損益通算もできないし損だ。
だから右肩上がりの銘柄選定が大事。
・・・そんなん事前にわかってれば、今頃億り人なんでしょうけど(笑)

大幅なキャピタルゲインを狙うわけでもなく、
斜陽セクターでジワジワぷらすにしていただければ、当方は満足でございますが・・・

果たして皆さまはいかがなんでしょーか?
関連記事
スポンサーサイト


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示