読書感想文 - 長期投資で自分年金づくり

「風姿花伝」を読んで(12/26)

「風姿花伝」(世阿弥)を読んでの感想です。
「岩波文庫」の本気モノではなく「NHK100分de名著ブックス」の…です。



博識さがにじみ出る鯰先輩から教えていただきまして。

さて、世阿弥というと「能」のイメージのみで、その生涯のことも知りませんし、
そもそも能自体よくわからんというレヴェルでした。

しかし実際読んでみると、能を通した繁栄の模索、技術面・精神面の追求など、
まさに能を通して「生きる」とは…を考えさせられました。この「NHK 100分de名著ブックス」は
その名の通り短時間で読める本なので、「風姿花伝」のさわりにはとても良いんじゃないでしょうか。

それでは引用を。
(引用は赤字です)

一からの創造だけでなく、物事の新しい切り口やとらえ方を創造することが革新なのです。これまでよかったからと言ってそこに安住していると、結局何の進歩もない。どんなによくても、それをいかに壊して、超えていくかということを考えなかったら、人気や景気という不安定なものが支配するマーケットでは勝てないのです。(P.37)

ドラッカーに通じるイノベーションに通じるとのこと。
のっけからこれですから。読むべし!

世阿弥は、年を取ったからといって能は終わりではないと言っている。そのあとがあるのだ、老いてこそふさわしい芸というものがあるから、それに挑むべきだと言っているのです。(P.50)

なんだか勇気づけられた…

ただ声を出すのではなく、溜めをつくってから出す。ただ足を前に運ぶのではなく、溜めをつくってから運ぶ。そして、「機会」をとらえて声を出す。この機会とは、自分だけの機ではなく、観客の機でもあります。それをとらえて声を出すのです。(P.84)

場は生き物であり、自分だけの機ではないということ。
投資に結ぶなら、「ゾーン」(マーク・ダグラス)にも、自分そのものが流れの一部になる、
という記載がありますね。
またオサレマンガで言うならば、「ブリーチ」(久保帯人)にも、自分そのものが必殺技になる、
ということがあります。自分の都合だけでない、融合…これわ…

といった具合です。
そのほか、読んで損はありません。
世阿弥の生涯というのも、政治が絡んでいてなんとも…な面もわかりました。
能に真摯に向かい合ったからこその会得…生きるとは。


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「新しい時代のお金の教科書」を読んで(12/24)

「新しい時代のお金の教科書」(著者:山口揚平)を読んでの感想です。

内容としては、タイトル通りにお金についてでして、
これまでの通貨の在り方から、これからの通貨とは…という具合です。
後者に関しては当然未来の内容ですので、著者の類推する未来像が描かれています。

バブルと叫ばれるBitcoinについてや、一時期話題だったVALUについても触れています。

個人的には共感するところも多かったです。
特に内容では触れられていませんが”マズローの欲求5段階説”に近い推測がありました。
「欲求構造と社会システム(P.89)」の図などを見ると、
「生存 → 承認 → 創造」となっており、まさにな感じで。
“インスタ映え"と揶揄されるも、無視できないぐらいにそうなんだとも思いますけれど。

さて、毎度のごとく面白かったところを引用します。
(引用は赤字です)

人間は、自然に生命の安全や食の欲求が満たされると、社会的承認の欲求を求めるようになります。いわゆる衣食足りて礼節を知る、というものです。今、先進国に住む人の欲求は生存欲求から社会的欲求へと急激にシフトしています。(P.86)

そういったデータが示されているわけではないんですが、ままわかる気がする…

すべてのキーワードはモノからコトへ。人々が求めているのは生きるための機能ではなく、つながりや物語だということです。(P.112)

生存が当たり前になった先進国…いろいろ思うところはありますよね。

といった具合です。
新書サイズなのでデータ等が省かれている印象でした。
未来の話を含むので盲目的に信じるのはちょっとと思いますけど、こんな未来も…
ぐらいにもーそーするのに良いかと。

以前、同著者の「そろそろ会社辞めようかな」を読んでの著者買いの一環でした。




follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること」を読んで(12/20)

久しぶりの読書感想文っす。

「ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること」(著者:苦瓜達郎)を読んでの感想です。

「大和住銀投信投資顧問」の「ニッポン中小型株ファンド」のファンドマネージャの方の本。
(「の」が多いの)圧倒的パフォーマンスってやつっす。

内容は次な感じ。

  ・株式市場とは?
  ・投資哲学について
  ・企業の見つけ方について
  ・財務分析は?


といった具合。だいたい目次通りですけども。

どういう感じで市場と対峙すべきなのか?
参考とする指標はどうすべきなのか?
といったところがさらりと述べられている。

特に指標として「PER」についてページが多少割かれています。
自分も”これぐらい”という基準はありますが、その辺の整理にとても良かったです。
真実が書かれているか、という点は割り引いて考えても、
実績のあるFMの方がこんな具合で…という参考の仕方であれば十分でした。

あとは財務分析について、銘柄の売却が視野にあることもあってか、
PL中心に見ていると明記されていた。BSは参考程度であるとも。
自分が今やっていることの方向性が間違っていない気がしてホッとした…

全体として、何か突飛なことを期待したら外れると思います。
至極まっとうなご意見だと感じる。
個人的に感じたのは「割安なものを自信持って掴む心得」のような。

それでは引用をひとつだけ。(引用は赤字です)

投資には、勝負事という側面があります。「勝負事」という観点に立てば、「迷ったら損」というのが私の考えです。
これは私が将棋、囲碁、麻雀などの勝負事で負け続けてきたなかで、勝負強い人に触れて実感したことの一つです。(P.161)


「迷ったら損」…自分にはすごく価値のあった言葉です。



follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」」を読んで(5/14)

「田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」」
(副題:タルマーリー発、新しい働き方と暮らし)
(著者:渡邉格)を読んでの感想です。




同書は2013年9月に刊行され、2017年3月に文庫版が発行されてます。
もちろんわたすは後者の文庫版を入手してきた感じです。

内容に入る前に、パンってどうやって作ります?
最近はホームベーカリーもすっごいのが出てきてまして、わたしも欲しいんですが、
簡単に言えば、小麦粉を練ったものにイーストを加えて発酵させ焼く、というものですよね。

著者はこの酵母から作ってます。しかも徹底的に拘り、水・建物(化学的なものを使用していない)
小麦粉も輸入したものではない、国産小麦を使用するなど…すごい。

内容としては、このパン屋を起こすまでの経緯と、
著者が感じる資本主義の妙、みたいなものを絡めて綴られてます。
特にマルクスの資本論を解いていまして、うんうんと頷かされること請け合い。

特に酵母菌に始まる「菌」と「金」を掛けて論じているところは面白いなあと。
(引用は赤字です)

おカネという名の肥料を大量に投下して、経済をぶくぶく肥らせる。中身がなんであろうが、「利潤」が増えればいい、GDP(国内総生産)の数字が大きくなればいい、株価が上がればいい。「メタボな経済」は、いずれバブルを生み、それが弾けると、恐慌(大不況)が引き起こされる。バブル崩壊はある意味で、肥りすぎておかしくなった経済のバランスを取り戻す自浄作用なのだ。
ところが、「腐らない」現代の資本主事経済は、恐慌もバブル崩壊も許容しようとしない。財政出動(赤字国債)や金融政策(ゼロ金利政策・量的緩和)で、おカネという名の肥料を大量にバラ撒いて、どこまでも経済を肥らせ続けようとする。
一方で食の世界では、肥料の大量投入で生命力の弱い作物をつくり出し、それを「腐敗させない」ために、強力な純粋培養菌を開発して外から「菌」をつぎ込み(「借菌」)、さらに添加物を使い、食べものを「腐らない」ようにする。
「借菌」も「借金」も構造は同じ。
「借菌」が「腐らない」食べものを生み、「借金」が「腐らない」経済を生む。自然の営みから、大きく外れた不自然な悪循環。(P.154-155)

おカネに使われるようになったら…資本主義を突っ走るのもいいですが、
どこかで折り合いをつけたい。そう「足るを知る」に尽きると思います。

とても面白い本でした!

な〜む〜。
(相変わらず忘れますw)

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「深夜プラス1」を読んで(3/19)

「深夜プラス1」(ギャビン・ライアル著)



ヴィレヴァン(2769)の優待を持て余しもらってくる展開。
わたしがよく行くヴィレヴァンでは早川書房の文庫が充実してるんですよね。
できれば投資本も充実すると面白いんですけども。

と、このハードボイルド小説の感想を。

この本は1976年4月に刊行された本ですので、ゆうに40年ほど経過してます。
小説の時代背景も当時頃を想定していると思われ、
第二次世界大戦中のフランス・レジスタンス運動が絡みます。

さてそんな中あらすじとしては…

主人公はかつてレジスタンス運動に絡み生き残ってきた人(職業は書いてなかったような)。
そんな彼に要人の護送依頼が来る。
道中警察に追われるわ、謎の敵集団から襲撃されるわで大変な主人公。
果たして時間までに要人を生きたまま送ることができるのか…


という具合かと。

また脇を固めるキャラも個性的で愛着が湧きます。
特に主人公の相棒となるアル中のアメリカ人ガンマンなど…

個人的な感想としては、時代背景が古くピンと来ない点が多いものの、
ハードボイルドであり冒険小説として楽しめました。
ところどころにある人生訓もイギリス人著者特有のニヒルな感じでした。
(サマセット・モームとかジェフリー・アーチャーとか)

最後に「本分を誤るなよ!」という引用をして終了しようかと。(引用は赤字です)

優秀なボディガードというのは、早撃ちであること、あるいは正確に射てることが本領ではない。そんなことはつけたしにすぎない。本領というのは、いつ、いかなる場合でもちゅうちょすることなく人を殺せる心構えなのだ。ガンマンが、たとえ猫の如く敏捷でロビン・フッドの如く正確に射てても、殺すべきかどうか自分の良心とたたかっているようでは失業保険を貰った方がいい。いや、そこまでもたない公算が大きい。さもなければ、酒に浸るようになる。(P.97)

な〜む〜。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示