- 長期投資で自分年金づくり

Amazon Primeに加入して早5ヶ月目(4/17)

完全にAmazon圏に取り込まれた感大。無双すぐるECサイトだと思う。
Amazon Primeに入ろうとは露ほども思わなかったのに、気づけばこうだよ、これ。

きっかけは、別のサイトで定期的に買っているものが値上げになったことから。
あれ?Amazonの方が安いやん、というところから、Prime加入という。

これだけならまだしも、最近はPrime musicだ、Prime videoだ、と完全に取り込まれた。

Prime musicについては、スマホにアプリ入れて聴いてる始末。
iTunesはどうしたんだよと言いたい気分…

Prime videoでは、「ポプテピピック」「ゆるキャン△」「ゲームオブスローンズ」を見てた。
前者2つについてはテレビでもやっていたわけだけど、録画しなくていいというメリットあり。
いつでも見れるしね。

もう、Amazonがない生活がちょっと見えなくなってきている。きもい。

ただ問題がある。

ピーター・リンチ先生も言ってるんですけど
「投資のチャンスは身近にある」(意訳)という。

これはっ!AMAZONっ!

…投資してないっていうね。何度こんなネタ書いただろう?わかんない。

乗りどきもわからないし、きっと買った後の降りどきもわからんのだろう(永遠にない可能性?)。
まま、眺めて過ごす日々。いろんな意味でAmazon。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

ランニングについて(4/16)

周りでジムに通い出す人が増えている。
いいな、と思う反面、もっといいものを知っている。

そう、ランニング。

コスト面ではジムに勝るだろう。
だってウェアは適当でいいし、ランニングコスト(!)も洗剤ぐらいなもの。
(あとシューズがあったか)

ただ排気ガスが気になるという人もいるでしょうから、オススメなのは公園でのランニング。
自分もお気に入りの公園があってそこを走るわけですが、最近は異様にランナーが増えた。
特に女性で、同年代(30代中盤)〜ちょっと上の世代の方が。

さて、ランニングの効果についてですが、少なくとも3つすぐ浮かぶ。

一つ目はシンプルに気持ちいいというのがある。
汗かいてスッキリするし、脳科学的にも”ぎもぢいい"となる理由があるらしい。
最近は、散歩するとクリエイティブになるという記事もあった。

二つ目は健康面で、ダイエットを考えている人にはうってつけ。痩せるね、確実に。
自分に関して言えば、やはり年齢と共に代謝が落ちている実感がある。
なので昔ほど食べなくても、お腹周りだったり、おSIRIあたりにお肉が…定期的に走りませう。

三つ目が実は大きくて、考えを整理できる。
自分は投資のことを考えてます。だいたいココで決めたことを実践してる感じ。

具体的に書くと、自分は傾斜のある丘を走るんですが、
登りはきついので走ることに集中。しかし下りは歩く。

この下りの期間、歩いている時間は”自分との対話”の時間です。
投資以外でも頭にあがってくる事柄を整理できる。

といった感じ。

これから花粉症も和らぐし、汗かけるシーズンがやってくる。
ランニングを始めてみていはいかがでしょうか?
(始めは散歩からでええと思うけれども)

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

「億男」を読んで(4/15)

「億男」(著者:川村元気)を読んでの感想です。

2014年刊行ですが、2018年3月に文庫化となり入手した次第。
しかも今年2018年10月には映画化されるそう。

著者の方は全く知らなかったのですが、「電車男」の企画・プロデュースをしたとか。
(ソースはWiki)相当なヒットメーカーなんだろうと思い買いました…が、
シンプルに「億」と聞いてほって置けなかったw

さてあらすじ。

ひょんなことから3億円を入手した主人公が、
ソレを親友に話したら、3億円持ってドロンされますた、というもの。

基本線は想像通り「お金」についてです。
サブタイトルがあるとしたら「お金と幸せ」でしょうか。

あんまり言うとフィクションの小説ですのでネタバレが過ぎますよね。
ざっと話すと、お金に魅せられた方々が出てくるわけで、なかなかリアリティがあります。
気づかぬ内にお金に魅せられていないか?と考えるキッカケになるかもしれない。

ネタバレしなそうな部分で引用すると次とか。
(引用は赤字です)

「人は自分の死を予知できず、人生を尽きせぬ泉だと思いこんでいる。だが自分の人生を左右したと思えるほど大切な思い出を、あと何回心に思い浮かべることができるのか?せいぜい四、五回だろう。あと何回満月を眺めることができるのか?せいぜい二十回だろう。人はその機会が無限にあると思い込んでいる」(P.141)

お金は手段ですからね。魅せられても墓場には持っていけない。
バランスの良いお金の遣い方を…

お金の遣い方で言うならば、
以前からずっと書いている「「幸せをお金で買う」5つの授業」がとてもいい。
直接、幸せをお金で買えるわけではなくとも、幸せにつながりやすいお金の遣い方はある(と思う)。

また「幸せは都度感じるもので、永続するものではない」という視点に私は立っているので、
その点でも共感できるお金の遣い方です。

脱線しましたが、「億男」は薄い文庫本に収まっているので、さらりと読めてしまいます。




follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

配当金生活を夢見て 〜2018年度3月末まで〜(4/7)

恒例の受け取り配当・分配履歴でございまして。

<円>  3月度のみ:+91.1%(前年同月比)(年トータル:+84.4%)

<ドル> 3月度のみ:+2.3%(前年同月比)(年トータル:+11.9%)


<考察:円について>

圧倒的配当増…3月配当受け取り…ほおーん(わかる人にはわかるだろう)。
含み損で勘弁してくだせえ。

取引としては、ETFの買付数回に、NISA枠を半分埋めて。そんなもん。

<考察:ドルについて>

昨年2017年の3月は、CVXとIBMの配当入金があった。
しかし共に売却しているので今年は…と思ったら微増というね。
ただ入金月のズレはあるからなんとも言えない。来月減る可能性大。

取引としては、完全売却1件と、買い増し1件、新規1件。

完全売却はもともとバブって売ろうと思っていた銘柄。
実は…IR資料を読み間違って買うっていうね。おアホ。
それでも株価が買値を上回って、欲しい方へ売ります、わたし…

こんなことは相場が良いから可能なわけであって、そうでない場合は…
ただのラッキーとも言えなくもない。

買い増しは先月に引き続き。どうしても株価が下落すると信念が揺らぐ。
それだけ自分に自信がないんだろう。未来に対して不安になるのはしょうがない。
それでも勝ち目が多少でもあるならば、そちらに賭ける気ではある。

新規買付については、ずっと頭の片隅にあったものの実現せずにいた。
これからハードに株価が上がるとは思えないけれど、下落相場でも輝くかも…とか。
個人的には株式でありながら、キャッシュみたいな扱い。いつでも換金できるようなもの。

<まとめ>

単月だけを見ると、本業の”おちんぎん”に遜色ない金額ではある。
ただ毎月持続するものじゃないけども。
なんとなく、独りでダブルインカム…みたいな…せつねえ。

<蛇足>

久しぶりに「投資で一番大切な20の教え」を再読していた。
自分は一度読むと付箋はつけるわ、赤鉛筆でがーがー書くわできったない。
ただ再読するときはその箇所を重点的に読むので時短にはつながる。
(もちろん、読みこぼしが発生するが)

感想…やっぱええ本だわ〜(完)

過熱感のある”おつむ”にはいいクールダウンになりますた。


follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析

これからの投資アイデアについて(4/2)

「日本はガラパゴス」とかつてよく聞いた。

「良く言えば個性じゃないか」というのが私の印象。
他国で長く過ごしたことがないので感覚的には比較できないけれど、
きっと他の国でも同様に感じることがあるんじゃないか?

最近、コレに付随した投資アイデアが上がってきた。
なんてことはない、日本という”個性のある"市場だからこそやっていける企業があるよね、と。

これまでは利益が伸びる企業とは…を考えて、
市場そのものが広がっていくものなどを中心に株を買ってきた。
その中でこの個性のある市場で生き残る企業、というのはほぼ考えの枠から外してきた。

しかしある意味手堅いよね?とも思える。
ただパイそのものが大きくなるとは期待しづらく、
利益成長は微々たるもの、もしくは横横なんだろうと考えます。
とすると、疑似債券の意味合いが近くなり、買値がとても大事になる。
だから今のうちに調べておいて、安全域の確保ができそうな時に買うと。

自分は株の値上がりよりも、配当という株主還元が好きだ。
(もちろん自社株買いしてくれても全然いいんだけども)
よく配当課税されて…と揶揄されるけど、直接金融のあり方としては、
その企業が利益をあげて、そこから株主に還元する、というのがオーソドックスだと思う。

ということで、配当にフォーカスした、
ある意味疑似債券取得のためアレやコレや妄想を行うわけです。
今年2018年もわーわー考えていきますので、みなさま生き残りましょうぞ。

follow us in feedly



面白い記事でしたら、応援ポチしていただけるとうれしいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログをblogramで分析
ブログ内検索
ブログランキング
ランキングに参加しています。応援していただけると幸いです!
プロフィール
(当ブログはリンクフリーです)

モカヲ

Author:モカヲ
30代サラリーマンです。
2008年頃から投資をしてます。
(これが講じてFP技能士2級取得)

個別株で失敗を繰り返し、
とうとうETFにたどり着く。
これが今のベターと知りつつも、
ムラッけから個別株も物色中…

feedlyへ登録!!
follow us in feedly
Twitter
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
リンクサイト
いつも更新を楽しみにしてるサイトです!
最新コメント
★お気軽にコメントいただけるとうれしいです♪
にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンタ
最新トラックバック
RSSリンクの表示